リハビリ

介護保険の一部3割負担に対する予測

介護保険の3割負担

現役世代並みの所得のある者の利用者負担割合の見直しということで、平成30年8月から
世代間・世代内の公平性を確保しつつ、制度の持続可能性を高める観点から、2割負担者のうち特に所得の高い層の負担割合を3割とする
という話があります。

現在の介護保険の2割負担者は約9%です。その内、所得の高い層(全体の3%)の負担が3割となるということです。ただし、月額44,400円の負担の上限があります。しかし、特養入所者の一般的な費用額の2割相当分は、既に44,400円の上限に当たっているため、3割負担となっても、負担増となる方はほとんどいないようです。

給付(総費用額)が増加し、保険料が上昇。
これからさらに増加することが余儀無い状況となることが考えられます。

皆様はこの話をどう捉えるでしょうか?

私はこのことで一つ期待と心配していることがあります。

それは、『訪問リハビリの利用者の増加、特化型デイサービスの増加』です。
3割負担の方は僅かではあります。
全体の3割と聞くと少ないと感じるかもしれません。しかし、過去1割だったサービスがここ数年で3倍となる。
結構大きいことだと思います。

通所リハビリ等と比較しても、訪問リハビリや特化型デイサービスは利用者負担が少ないです。正直、使い易いサービスというジャンルに分類できると思います。
ケアマネージャーの話を聞いても、「利用者様のことを思ったら」「限度額のことを考えたら」使い易いサービスを紹介する、と仰る方もいます。
利用者様の依頼が増えることは光栄です。しかし、今より訪問リハビリを卒業させ難くなるのではないか?という不安もあります。

負担増加はこれからもあると思います。
皆様はどのような課題が生じると考えていますでしょうか?

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。