リハビリ

訪問リハビリの40分間という短い時間での関わり方

訪問リハビリの提供時間は40分間

訪問リハビリの基本は40分間で提供することが多いです。

また、訪問リハビリは週1回~3回で提供されることが多いです。

制度上も週6回(20分間を1回とする)とされています。

しかも、40分間の内容は病院等のリハビリの内容とは異なります。

チャイムを鳴らし、挨拶をする。

感染予防の為に手洗いをする。

生活状況や全身状態の把握をし、

バイタルチェック(血圧測定・検温等)を行う。

…(訪問リハビリ)…

手洗いをし挨拶をして家を出る。

これを40分間という時間で実施します。

あっという間の時間です。

40分間は日常生活の一瞬にしか過ぎない

1日のうち40分間という時間は

1日1440分間である為

36分の1となります。

1週間のうち40分間という時間は

1週間10080分間である為

252分の1となります。

本当に僅かな時間しか関わっていないことになります。

マンツーマンで関われるというメリットもありますが、

実際に関わることのできる時間は他のサービスやステージと比較してかなり少ないことが実際です。

例えば、病院ですと、リハビリ以外の時間も見に行こうと思えば見に行けます。

通所リハビリも実際に関わる時間は僅かかもしれませんが、基本的に6~8時間・半日は施設にいることになります。

訪問リハビリ関わりは生活の中のほんの一瞬に過ぎません。

訪問リハビリの関わり方の工夫

一週間のうちの252分の1といういう時間で何ができるでしょうか?

実際には色々とできると思います。

しかし、訪問リハビリ独自の関わり方があります。

工夫をして関わらなければ全く意味がないと思います。

考え方を変えなくてはいけません。

例えば、

『一週間に1回の訪問リハビリで関節可動域訓練を実施する』

↓↓↓

家族に関節可動域訓練を指導する

関節可動域が維持できる生活スタイルを構築する

このようにアプローチ方法を変えていかなければいけません。

私は常に

「この関わりって意味があるのかぁ?」

「効果があるのかなぁ?」

考えています。

他のセラピストの同行訪問をする際も、

気になったら「意味あるの?」「効果あるの?」と聞きます。

非常に嫌なセラピストだと思います。(笑)

しかし、私たちは国の介護保険を受けてサービスを提供しています。

効果的な訪問リハビリをするという使命があります。

別の例を挙げてみます。

『立ち上がり練習を20回する』

私はすぐに「何の意味あるの?」と聞くと思います。

しっかりとした理由があるのであれば別です。

20回立ち上がりをできるひとであれば、

普段の生活の252分の251では相当の立ち上がりをしていると思います。

確かに20回立ち上がりをすれば結構疲れます。

でも、40分間でやる意味はないと思います。

しかし、理由があるのであれば実施しても良いと思います。

筋力訓練が目的であれば…それは意味がないことです。

意味はあるかもしれませんが、効果は少ないです。

訪問リハビリでは勿体ないと思います。

『自主練習を指導する』等に考え方を変えなくてはいけないです。

別の例を挙げてみます。

活動量を増加させるアプローチ方法についてです。

例えば、回復期病棟等では、歩行訓練として毎日歩行をしているセラピストいます。

訪問リハビリで同じようにやっていても効果が少ないです。

確かに訪問リハビリとして関わっている時間だけは活動量が増えると思います。

しかし、訪問リハビリで活動量を増加させる為に歩行訓練をしているのであれば、問題です。

訪問リハビリで運動をしても一週間という時間でみた場合、全然活動量は増加していません。

訪問リハビリでは違うアプローチ方法が必要です。

例えば

『散歩の習慣をつける』

『家庭での役割りの習慣をつける』

『安全に散歩できるように一つ低いレベルの歩行補助具を導入する』

『安全に移動できるような住環境を整備する』

『動きができような住環境を整備する』

このようにアプローチ方法をシフトしなくてはいけません。

まとめ

訪問リハビリは訪問リハビリ独自の関わり方があります。

意味のある関わりか常に自問自答してみましょう。

あれ?と思ったら仲間と症例検討です。

あとは自信をもってやるだけだと思います。

※大雑把なまとめですみません。

訪問リハビリで働くセラピストに絶対オススメの本6選

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。