リハビリ

【訪問リハビリの視点で解説】平成30年度介護報酬改定・診療報酬改定

平成30年度介護報酬改定における訪問リハビリ

訪問リハビリで働いている理学療法士の杉浦良介です。

平成30年度医療介護障害のトリプル改定を目前に控えています。

しかし、訪問リハビリの情報が少ない!!

色々な医療介護サイトやブログがあり、情報は多くなっています。

しかし、訪問リハビリについて解説している人はほとんどいません。

私は訪問リハビリの事業所のサービス責任者でもあるので当たり前なことかもしれませんが、訪問リハビリの制度に関して勉強するのが好きです。全国で訪問リハビリの制度のセミナーを行っているところも少ないです。そんな中、株式会社geneさんはすごいと思います。張本さんの解釈も知りたくセミナーに参加させて頂くことにしました。楽しみにしています。

先日、訪問リハビリテーションと訪問看護からのリハビリについての平成30年度介護報酬改定の速報記事を書かせていただきました。

やはり、情報が少ないということもあり、少しだけバズりました。

その記事はこの記事です。

平成30年度介護報酬改定【訪問リハビリ・訪問看護(リハビリ)】

参考にしてみてください。

平成30年度介護報酬改定・診療報酬改定案が出て感じること

では、本題に移ります。

私が平成30年度制度改定案を受け、訪問リハビリや訪問看護からのリハビリについて考えること・思うことを述べていきます。

あくまでこれは普通の肩書きもない訪問セラピストの私の意見であるということ。

それだけは注意して読み進めていただけると嬉しいです。

優れた加算『生活機能向上連携加算』

まず、今回の平成30年度介護報酬改定で私が注目している加算は、『生活機能向上連携加算』です。

生活機能向上連携加算とは、簡単に説明しますと、訪問リハビリや通所リハビリ及び病院のセラピストが通所介護やグループホーム、訪問介護と連携を図ると算定できる加算です。

連携とは、例えばセラピストのいないデイサービスに訪問をして、アセスメントをしてセラピストの視点で助言をして計画書を一緒に作ることです。

詳しくはこの記事に書いてあります。

生活機能向上連携加算とは?【平成30年度介護報酬改定】

理学療法士であり、会社経営者の中山さん(ブログリンク)はこんなこともおっしゃっておりました。

さすが経営者ですね!

経営素人の私は、中山さんにこんな質問もしてみました。

なぜこの加算が重要かと言いますと、この加算をとることで、色々なメリットがあります。

正直、目先の利益だけを求めている会社にとってはあまり良い加算ではないかと思います。

リハビリをやっていた方が儲かりますから(笑)

しかしメリットはたくさんあります。

色々なメリット

  • 外部事業所からの信頼
  • 地域への病院アピール
  • 地域へのセラピストアピール
  • セラピストのスキル向上
  • 地域包括ケアシステム構築

これ↓は今回色々と教えて頂いた

中山さんの私が超共感した記事です!

是非みてください!

https://ux-rehadesign.org/data/?p=275

今回の平成30年度介護報酬改定が連携が鍵を生む改定になっていることは明らかですね!

居宅介護支援事業所のこの改定も連携にあたりますね!

訪問リハビリのリハマネ加算Ⅱ〜Ⅳは算定されない

『訪問リハビリのリハマネ加算Ⅱ〜Ⅳ』は算定されない

こんなこと書いたらどなたかに怒られるかもしれませんね。(笑)

まぁ、私の意見としてスルーしてください。

文句のある人は読まなければ良い(笑)

私は昔々こんな記事を書きました。

そう!効率が悪いのです。

今回の改定でもリハマネⅡ〜Ⅳは医師も参加するリハビリ会議が必要です。

訪問リハビリのリハビリ会議についてはこの記事にまとめてあります。

リハビリ会議って何?分かり易く詳しく解説します!

リハビリ会議のデメリット

  • 医師が参加しなければいけない
  • 議事録を作成に時間がかかる
  • 利用者や家族の負担
  • ケアマネや他事業所の負担がある[/box]

平成29年3月31日に公表された『訪問リハビリテーションの中重度者等へのリハビリテーション内容等の実態把握調査事業』の結果ではリハビリテーションマネジメント加算Ⅱの届出率は14.1%です。

しかし、これは届出をしているだけで、算定している事業所はもっと少ない。

さらに、算定している利用者はもっと少ないのが現状です。

今回の介護報酬改定において、医師のリハビリ会議への参加はテレビ電話等でも可能と出ました。

現実的にできると思いますか?

「テレビ電話ならリハビリ会議参加する!」という医師がいる!

だからこの改定をした!

のでしょうか?疑問です。(笑)

確かにオンライン診療が始まりますので、このツールはありですが、そもそも医師が参加しても報酬が低いのが問題ですね。

多分、1年半後に『リハマネⅡ〜Ⅳの届出率』が出るでしょう!

そして『なんで低いのだろう?』と考えるでしょう!

答えはここ↑に書いておきます。

きっと、リハマネⅡ〜Ⅳは算定されない。

だから、リハマネⅣのデータは集まらない。ですね。

訪問リハビリは増える!

これも私の予測です。

今回の診療報酬でこのようなことが決まる予定です。

要介護・要支援被保険者に対する維持期・生活期の疾患別リハビリ テーション料について、介護保険への移行に係る経過措置を1年間に 限り延長し、平成 31 年 4 月以降、要介護被保険者等に対する疾患別 リハビリテーション料の算定を認めない取扱いとする。

まぁ、通所リハビリに移行を目指しているのだと思いますが、そう簡単にはいかないでしょう。

また、外来のリハビリが減少するわけですから、クリニックは積極的に訪問リハビリをやり出すのではないか?と勝手に予測しています。

コンサル業界に明るい未来が待っています!(笑)

大阪付近(多分全国大丈夫。笑)でコンサル希望の方は金児さんなら自信を持ってオススメできます!

お問い合わせください!

あと、訪問看護はこれからも増えるでしょう!

看護師の確保は相変わらず大変になると思いますが。

私の平成30年度介護報酬改定についての解釈・意見はまだまだ続く

まだ平成30年度介護報酬改定は行われていません。

医師の診察問題とか、医師の研修とは。色々疑問点はありますよね?

随時更新情報も配信していますので、是非、LINE@も登録してください。

LINE@に登録

あわせてこちらの記事もどうぞ!

 

 

 

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。