訪問リハビリで働くセラピストに絶対オススメの本6選

私は訪問リハビリで働くセラピストです

私は訪問リハビリで働く8年目の理学療法士です。

6年目の訪問リハビリを迎えました。

訪問看護からのリハビリで3年間経験を積み、訪問リハビリを立ち上げ管理者として2年半。

訪問リハビリのことはほとんど自分で勉強してきました。

他の記事でも書きましたが、2年半前に訪問リハビリの事業所を立ち上げた時はネット上で訪問リハビリについて調べてもかなり昔の情報が出てきたり、正確でない情報だったりしました。

そんな苦労した経験もあり、訪問リハビリを広める為に、

この『訪問リハWOLFねっと』を平成29年4月末に立ち上げました。

今では少し役に立つようなブログになってきたと感じてくれていたら嬉しいです。

私の今までの情報源は参考書・厚労省のホームページが主です。

そんな私が、

これから訪問リハビリで働くセラピスト。

今、訪問リハビリで働いているセラピストに

自信を持ってお勧めできる本6冊紹介します。

是非、参考にして頂けたら幸いです。

図解訪問理学療法技術ガイド

少し高価ではありますが、私が1番お勧めの本です。

この1冊は本当に買う価値があります。

926ページにわたり、サブタイトルの通り訪問の場で必ず役立つ実践のすべてが書かれています。

困ったら読めるように、常に訪問バッグに常備しています。

訪問リハビリの参考書!!って感じです。

訪問リハビリテーション完全マニュアル

この本は2017年5月31日に発行されたまだ新しい本です。

株式会社geneの張本先生のアイデアは素晴らしいですね。

『この分野は悩んで当たり前』という言葉が支えになっています。

制度から実務に関して他の参考書には載っていないような内容まで書かれています。

現場で悩まれている訪問リハビリセラピストには絶対おすすめです!!

私が紹介して実際に買った方も多くいますが、みんな『買って良かった』『明日からの臨床に役立ちそう』『共感がすごい』という感想を聞くことができました。

この一冊も是非、手に取って頂きたいと思います。

フィジカルアセスメントリスク管理ハンドマニュアル

これも株式会社geneさんです。

私は一つ前のデザインの表紙のものを持っています。

訪問リハビリは在宅でのリハビリです。

何よりリスク管理が大切です。

この1冊でフィジカルアセスメント能力はつくと思います。

ポケットサイズですので訪問バッグに入れておけば問題なしです!!

訪問リハビリで働くセラピスト以外にもお勧めの1冊です。

リハビリテーション・ホームエクササイズシリーズ

私は訪問リハビリでは、自主練習の指導や生活の指導がとても重要だと考えております。

利用者さんごとその人に合った運動を選び、注意点を記入し印刷してラミネートして渡しています。

この本はCD-ROMがついており、自主トレメニューや指導プログラムを自由自在に作ることができ、しかも渡すことができるという本です。

患者さんごとその人に合った写真を用いることも必要な場合もありますが、とても重宝するデータがたくさん詰まっています。

自主練習メニューに悩んでいる方にはお勧めです。

隔月刊『訪問リハビリテーション』シリーズ

またまた株式会社geneさん。

本当にお世話になっています。

このシリーズも数年前から読ませて頂いています。

株式会社geneさんは他には書いていない情報が記載されています。

訪問リハビリの最新の情報を得るには一番のジャーナルです。

歩き方&杖の使い方

2017年9月14日に発行した最新の本です。

著者の西野英行さんは私がこの『訪問リハWOLFねっと』をはじめるきっかけになった人です。

リハビリのブログも運営されています。

『未来のPT』

実際に私も購入させて頂きました。

一般の人にも専門職にも非常に分かり易い価値ある一冊です。

私がこの本が訪問リハビリで働くセラピストにお勧めする理由は、『著者である西野さんも訪問リハビリをやっているから』です。

訪問リハビリセラピストが実際に大切だと感じていることを利用者さんへのメッセージのように書かれています。

訪問リハビリセラピストは伝える力が必要です。

分かり易くしっかりと伝える。訪問リハビリで働くセラピストにはこの『伝える力』をこの本から学んで欲しいです。

また、私自身も『歩くこと』が大切だと思っているからです。

以前、このような記事を書きました。

5つの内の1つが『歩くこと』です。

歩くことは本当に良い事です。

あとは、この本については西野さんのブログでも紹介されているので、是非みてみて下さい。

おわりに

今回、紹介させて頂いた本は全て本当に価値ある本です。

訪問リハビリを広めてきた本でもあります。

私はこの本に書いていないようなこともこのブログ『訪問リハWOLFねっと』にこれからも挙げていき、訪問リハビリで働くセラピストにとって、より有益な情報を与えられるように努力していきます。

訪問リハビリのことはこの『訪問リハWOLFねっと』を見れば分かると言ってもらえる日が来ることを夢みています。

皆さん!訪問リハビリは楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。