寒い冬を乗り越えろ!冬の健康管理について

冬の健康管理

四季がある日本では毎年訪れる

皆さん冬は好きですか?

冬のイメージはどのようなものでしょうか?

私のイメージはこんな感じです。

寒い・寒い・寒い…。

他にも色々あると思います。

クリスマス、正月、雪、スキー&スノーボード、蟹…。

しかし、悪いイメージあります。

乾燥、インフルエンザ、ヒートショック、お餅の詰まらせ事故、転倒、肥満…

このような悪いイメージを無くすためにも、

しっかりと冬の健康管理をしていく必要があります!

冬の健康管理について学んでいきましょう!

冬の健康管理【冬バテ】

『夏バテ』は良く耳にすると思います。

『冬バテ』という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

冬バテとは、夏バテと同様に

  • やる気が出なくなる
  • 身体がだるくなる
  • 胃腸の調子が悪くなる

などの症状がみられます。

冬の自律神経失調症

冬の自律神経失調症という言葉は御存じでしょうか?

冬の自律神経失調症=冬バテです。

自律神経失調症は、自律神経の乱れが原因です。

その理由は人それぞれです。

自律神経失調症の症状は以下の通りです。

【自律神経失調症の症状】

倦怠感、めまい、慢性的な疲労、偏頭痛、動悸、ほてり、微熱、不眠、便秘、下痢、耳鳴り、口やのどの不快感、手足のしびれ、残尿感、頻尿、イライラ、疎外感、不安感、落ち込み、やる気が出ない、憂鬱になる、感情の起伏が激しい、焦りを感じる

夏バテとの違いは、

夏バテは、暑さと冷房との影響で自律神経そのものが崩れます。

冬バテは、寒さやストレスで交感神経ばかりが高くなってしまいます。

そして、様々な上記した症状が現れます。

冬バテを生む主な原因は以下のことが挙げられます。

  • 寒さがつづく
  • 筋肉が衰えてしまう
  • 年末年始で気ぜわしない
  • 日が短い

自律神経を整えることは大切です!

冬の間は、ゆっくりと生活する!

これが冬の健康管理については大切かもしれませんね!

冬の健康管理【感染症】

インフルエンザに注意

冬の一番の感染症と言えば、インフルエンザです。

インフルエンザのピークは1月~2月とされています。

インフルエンザには非常に強い感染力があります。

しっかりと予防していくことが大切です。

【インフルエンザ対策】

  • 手洗い、うがいをしっかりしましょう
  • 飛沫感染、接触感染に注意しましょう
  • 免疫力を高めましょう
  • 予防接種をしましょう

まずは、感染の基本中の基本である手洗い、うがいです。

綺麗に保つこと、洗い流す事を徹底しましょう!

そして、なるべく人との接触を避け、ウイルスをもらわないようにすることも大切です。

インフルエンザは感染して広がります。

感染経路を遮断してしまえば、感染することはありません。

マスクをして、遮断をすることも非常に有効です!

また、しっかりと睡眠をとり、食事をし、運動をすることも大切です。

免疫力を高め、強い身体を作っておくことは大切です。

そして、もしインフルエンザにかかってしまっても症状を抑えられるように予防接種は行っておく必要はあります。

ノロウイルスに注意

インフルエンザと同じくらい代表的なものはノロウイルスです。

ノロウイルスは1年中発生しますが、特に多く発生するのがです。

11月~2月に1年で発生するノロウイルスの7割が発生しています。

【ノロウイルス対策】

  • 手洗いをしっかりしましょう
  • しっかりと加熱をしましょう
  • 人からの感染を防ぎましょう

まず、大切なことは手洗いです。

インフルエンザなどとは異なり、

ノロウイルスはアルコール消毒はあまり効果がないとされています。

まずは水で流すことは有効です。

そして、ノロウイルスは食品からも感染します。

85℃で1分以上の加熱をすることで予防できるとされています。

食器などの調理器具もしっかりと消毒して使用する必要もありますね。

また、ノロウイルスは人から人へ感染をします。

嘔吐物・下痢便を含むオムツなどは注意が必要です!

時に高齢者や子どもはノロウイルスに感染すると重症化する可能性もありますので、注意が必要です。

しっかりと冬の健康管理をしていく必要がありますね。

冬の健康管理【寒さ対策】

冬と言えば、寒い!

身体を温めることは冬の健康管理においてもとても大切です!

暖房器具といいましても色々なものがあります。

  • エアコン
  • 石油ファンヒーター
  • ガスファンヒーター
  • セラミックファンヒーター
  • 石油ストーブ
  • オイルヒーター
  • ハロゲンヒーター
  • カーボンヒーター
  • 床暖房
  • ホットカーペット
  • 電気毛布
  • こたつ

暖房器具を使用すると湿度が下がります!

湿度を下げないようにする為にも、加湿器を有効に活用しましょう!

↓オススメの加湿空気清浄機↓

また、重宝するのがホッカイロ

お腹肩甲骨

に貼るのがオススメです!

最近では、着る毛布というものもあります!

しっかりと寒さ対策を行うことが冬の健康管理には大切です!

冬の健康管理【肌の乾燥】

肌が『カサカサする!『荒れる』『かゆい』…。

冬にみられる症状の一つです。

冬は気温も湿度も低くなり、誰もが乾燥肌になりやすいとされています。

また寒さの影響で血行が悪くなることも原因です。

冬の健康管理の為にも、しっかりと対策をしていく必要があります。

1番の対策方法はやっぱり

保湿クリームです。

保湿クリームを上手に活用し、冬の健康管理・肌の管理に努めましょう!

冬の健康管理【子ども】

子どもの集団感染に注意

インフルエンザやノロウイルスは感染し広がります!

子どもは、保育園・幼稚園・小中学校・高校と人が多く集まる場で生活を送る為、集団感染がつきものです。

個人で注意をしていてもなかなか難しいと思います。

しかし、個々で予防し対策をとるしか方法はありません。

マスク・予防接種・手洗い・うがい

まずこの基本の4つをしっかりと行いましょう!

高齢者は重症化し易いです。

家族感染を防ぐことも大切な冬の健康管理方法だと思います。

冬の健康管理【高齢者】

お餅を安全に食べる方法

冬と言ったら、お正月

お正月と言ったら、お餅

高齢者はお餅を食べる時に注意をしなければいけません。

毎年、耳にしますよね?

『お餅を喉に詰まらせて…』と。

お餅は美味しいので、食べていけない訳ではありません。

安全に食べる必要があります。

お餅を安全に食べる方法は以下の通りです。

  1. 小さく切って食べましょう
  2. 誰かと一緒に食べましょう
  3. 水分をしっかり摂って食べましょう

高齢者になると、飲み込む力が弱くなり、唾液の分泌も減少します。

まずはしっかりと食べる工夫をし、それを誰かに見守ってもらう。

その様にするだけで、予防することができますし、食べたいものを食べる事ができます。

それが冬の健康管理にも繋がると思います。

冬も適度な運動をする

冬は非常に寒いです。

若い人もそうだと思いますが、冬になるとあまり身体を動かさなくなります。

冬の健康管理に関わらず、運動をするということは高齢者にとってとても大切なことです。

寒くなると、筋肉は硬くなります。外に出たくなくなります。

そして、動かさなくなり、動かしづらくなり、余計に動かなくなるといった悪循環が生まれます。

冬の間に筋力が衰え、春を迎え動き出そうとした時に身体がついていかなくなり、転倒をしてしまうことが多いです。

春になると転倒が多い

ということは御存じでしょうか?

私は、寒い冬の間は

筋力を衰えないようにする

ことが大切だと考えています。

春を迎える準備をするために、適度な運動をする!

それこそが冬の健康管理と言っても良いのではないでしょうか?

転倒や転落をしないことも大切

冬の間も転倒や転落は注意をしなくてはいけません。

冬の場合、特に注意が必要なことは、

  • 道路の凍結によるスリップ(滑る)
  • 雪かきによる転落

です。

地域にもよりますが、氷や雪で滑るということは冬の転倒の特徴だと思います。

特に注意をしなければいけないことは

マンホールでのスリップ(滑る)

です。

金属面は滑り易く、特に注意が必要です。

ゆっくりと歩く

これだけを注意するだけで転倒のリスクは軽減できます。

早く歩きたい!早く動きたい!

そんな気持ちを少し抑えることが転倒予防に繋がると思います。

 

また、冬の転倒のもう一つの特徴は、

暖房器具です。

冬になると寒くなり、以下のようなものを使用します。

  • カーペット
  • ファンヒーター
  • 電気ストーブ

使ってはいけないのではありません。

上手に使う必要があります!

大切なことは以下の2点です。

  1. コードを上手に収納する
  2. カーペットの躓きに注意する

「コードに躓き転倒してしまった」

「カーペットに躓き転倒してしまった」

ということを良く耳にします!

転倒をすると、骨折に繋がる可能性もあります。

骨折をすると大きく身体機能は低下します。

転倒リスクは少し注意をするだけで変わります。

冬場の特徴である転倒にも十分に注意をして、冬の健康管理をしていきましょう!

ヒートショック

ヒートショックとは、温度差による肉体的なショックのことを言います。

特に身体が弱い高齢者・寒い冬場には多いです。

一番多いのは、暖かい部屋から寒いお風呂の脱衣室に移動する時です。

ヒートショックを予防するには、温度差を無くすことが大切です。

脱衣室や浴室の温度を上げることがとても重要になります。

冬の健康管理において覚えておいた方が良いことですね。

冬の健康管理【食事】

冬と言ったらですよね。

鍋は冬の健康管理には最適なんですよ!

健康管理の基本として

まず、しっかりと3食の食事を摂ることが大切です、

そして、寒い冬に大切なことは身体を温めることです。

身体を温めることは冬の健康管理をする上でとても重要なことです。

では、どんな食事が良いとされているのでしょうか?

【身体を温める食事】

ねぎ、たまねぎ、ごぼう、かぼちゃ、生姜、にんにく、にんにくの芽、山芋、ふき、れんこん、こんにゃく、赤唐辛子、にら、にんじん、りんご、さくらんぼ、いちじく、桃、プルーン、ぶどう、オレンジ、あんず、鮭、まぐろ、明太子、かつお、サバ、イワシ、さんま、カニ、ほたて貝、ちりめんじゃこ、海藻、チーズ、羊の肉、鹿の肉、牛肉、鶏肉、鶏のレバー、赤身の肉、唐辛子、山椒、納豆

たくさんありますね!

しかし、もっと大切なことは、

身体を冷やさないということです。

反対に身体を冷やしてしまう食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?

【身体を冷やす食べ物】

レタス、キャベツ、白菜、ほうれんそう、小松菜、きゅうり、トマト、なす、ゴーヤ、セロリ、もやし、おくら、大根、バナナ、柿、梨、パイナップル、マンゴー、すいか、キウイ、みかん、グレープフルーツ、レモン、メロン、うなぎ、はも、しじみ、あさり、ウニ、豚肉、白砂糖

火を通した料理の方が身体を温められるとされています。

なるべく冷やさずに温かいものを食べるように心がけましょう!

 

また、栄養もしっかり摂る必要があります。

冬バテには、抗酸化成分が含まれるものが良いとされています。

理由は、冬バテの時は、交感神経ばかりが働いてしまい、体内の活性酵素が増えてしまうからです。

【抗酸化成分が含まれる食べ物】

きのこ類、海藻類、緑黄色野菜、ごま…など

栄養にも注意をしてバランス良い食事が摂れると良いですね。

冬の健康管理【飲み物】

冬は寒いから汗をかかない。だから脱水にはならない。

これは間違いです。

冬場でも身体の水分はドンドン失われていきます。

しっかりと水分を摂る必要があります!

やっぱり一番は水

水分摂取といえば、です。

人間は1日に2リットルの水分摂取が必要とされています。

夏でも冬でも関わらず、水で水分摂取をすることはとても有効です。

身体を温める飲み物・冷やす飲み物

寒い冬に身体を温めるということはとても大切なことです。

【身体を温める飲み物】

黒豆茶、タンポポ茶、ゴボウ茶、紅茶、ほうじ茶、日本酒、赤ワイン、ココア…

一番オススメなのは生姜が入っているものです。

生姜は身体の芯から温めてくれます。

生姜と紅茶の組み合わせはとてもオススメです!

【身体を冷やす飲み物】

緑茶、コーヒー、牛乳、豆乳、ジュース、白ワイン、ビール…

身体を冷やしてしまう代表的なものはこのようなものです。

食べ物もそうですが、身体を温める前に、冷やさないようにするということも良い工夫となります。

毎日とる水分で、冬の健康管理をしっかりとしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。