リハビリ

【解説】介護保険サービスの対象者・16種類の特定疾病とは?

リハビリテーションを受けるには、保険内では①医療保険、②介護保険のサービスを利用することが基本となります。

介護保険のサービスを受けるためには要介護(要支援)認定を受ける必要があります。

【一般向け】介護保険で受けられる介護サービスについて解説

介護保険サービスの対象者

  • 第1号被保険者
  • 第2号被保険者

というものがあります。

 

40歳以上の人は、介護保険の被保険者となります。

 

  1. 65歳以上の人(第1号被保険者)
  2. 40〜64歳までの医療保険に加入している人(第2号被保険者)

 

介護保険のサービスを利用できる人は次のとおりです。

介護保険のサービスは39歳以下の人は受けることができません。

【65歳以上の人】(第1号被保険者)

寝たきりや認知症などにより、介護を必要とする状態(要介護状態)になったり、家事や身支度等、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)になった場合。

【40歳~64歳までの人】(第2号被保険者)

初老期の認知症、脳血管疾患など老化が原因とされる病気(※特定疾病)により、要介護状態や要支援状態になった場合。

第2号被保険者の特定疾病(16種類)とは?

40歳から64歳までの人は、特定疾病であれば介護保険サービスを利用することができます。

では、特定疾病とはどのような疾病かご存知でしょうか?

特定疾病とは、以下の疾病のことを指します。

特定疾病は全部で16種類あります。

  1. 筋萎縮性側索硬化症
  2. 脳血管疾患
  3. 後縦靭帯骨化症
  4. 進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
  5. 骨折を伴う骨粗しょう症
  6. 閉塞性動脈硬化症
  7. 多系統萎縮症
  8. 慢性関節リウマチ
  9. 初老期における認知症
  10. 慢性閉塞性肺疾患
  11. 脊髄小脳変性症
  12. 脊柱管狭窄症
  13. 糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  14. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  15. 早老症
  16. 末期がん

交通事故等による脊髄損傷は特定疾病に含まれない

ここで一つポイントとなることが、交通事故等での脊髄損傷は特定疾病には含まれないということです。

例えば、40歳から64歳までで上記した16種類の特定疾病に当てはまらず、脊髄損傷を受傷された場合は介護保険ではなく医療保険となるのです。

65歳までは医療保険対象となり、65歳になると介護保険となります。

障害の方でも様々な助成制度等もありますので、サービスが色々と選ぶこともできます。

リハビリテーションでは、外来のリハビリテーションや訪問看護からのリハビリテーション。

そして、在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料も可能です。

【徹底解説】医療保険の訪問リハビリ(在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料)

訪問リハビリからのリハビリと訪問看護からのリハビリの違い

脊髄損傷のリハビリテーションでオススメの本

脊髄損傷についてのオススメの本を紹介します。

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談は有料です。 リアル&オンラインサロンでは無料となっております。 個別コンサルも行なっております。 まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。