リハビリ

『意外と知らない要介護認定』と訪問リハビリ

要介護や要支援に関しては普段の業務で良く耳にする言葉である為、皆さんご存知かと思いますが、意外と認定までの流れは知らないのではないでしょうか?

今回は要介護認定の流れと、その介護認定に関する訪問リハビリの現状を簡単に説明をします。

要介護認定とは

 市町村が、被保険者が要介護状態や要支援状態にあるかを判断することです。

要介護認定が無ければ訪問リハビリはじめ介護サービスを受けることはできません。

要介護認定は、介護サービスの必要度(どれ位、介護のサービスを行う必要があるか)を判断するものです。

従って、その方の病気の重さと要介護度の高さとが必ずしも一致しない場合があります。

要介護認定の流れ

要介護認定の流れは以下の通りとなっております。

要介護認定の流れは、

申請→認定調査員等による調査→一次判定→二次判定→認定

という形になっております。

 

一次判定とは、調査結果と主治医の意見書の意見をコンピュータに入力することにより、要介護認定等基準時間が算出されます。

コンピュータによる一次判定は、その方の認定調査の結果を基に、約3,500人に対し行った「1分間タイムスタディ・データ」から推計します。

介護認定審査会が、一次判定の結果と主治医の意見書の内容を参考に要介護、要支援、非該当の別の認定をします。

一次判定と二次判定を合わせて要介護認定と呼びます。

二次判定の結果、最終的に要介護状態になるおよれがあり、日常生活に支障がある人を要支援1・2に認定し、介護サービスが必要な人を要介護1~5に認定します。

介護認定等基準時間とは?

介護認定等基準時間とは、介護にかかる時間のことで身体に直接触れて行う食事、排泄、入浴などの介護、衣服などの洗濯や日用品の整理などの世話など、徘徊や不潔行動などの行動に対する探索や後始末などの対応、身体機能の訓練やその補助、褥瘡の処置などの診療行為の補助などの5つの分野の介護行為ごとに必要な1日あたりの時間を推計し合計したものです。

①要介護認定の一次判定は、要介護認定等基準時間に基づいて行いますが、これは1分間タイムスタディという特別な方法による時間であり、実際に家庭で行われる介護時間とは異なります。

②この要介護認定等基準時間は、あくまでも介護の必要性を量る「ものさし」であり、直接、訪問介護・訪問看護等の在宅で受けられる介護サービスの合計時間と連動するわけではありません。

予防給付対象者選定の考え方

 予防給付対象者の選定は、要介護認定の枠組みの中で、介護の手間に係る審査に加え、高齢者の「状態の維持・改善可能性」の観点を踏まえた明確な基準に基づく審査・判定を通じて行います。

 

予防給付対象者選定手法

 予防給付の対象は、「要支援1」の者すべてに加え、「要介護認定基準時間が32分以上50分未満に相当する者」に該当する者のうち、心身の状態が安定していない者や認知症等により予防給付等の利用に係る適切な理解が困難な者を除いた者となっています。

 

予防給付等の適切な利用が見込まれない状態像は、以下のように考えられます。

①疾病や外傷等により、心身の状態が安定せず、短期間で要介護状態等の再評価が必要な状態

②認知機能や思考・感情等の障害により、十分な説明を行ってもなお、予防給付等の利用に係る適切な理解が困難である状態

要介護認定者数の推移

要介護度の認定者数は年々増加しております。

平成12年から平成28年の16年間で約2.85倍となっております。

特に軽度の認定者数の増加が大きくみられます。

また、それに伴い、介護給付費も増加されています。

訪問リハビリと要介護認定

私が訪問リハビリに従事しており、『要介護認定』について思うことをお伝えします。

まず、要支援1~要介護5まで訪問リハビリを利用できることが知らないという方も現状います。

知っている方も多いと思いますが、訪問リハビリは要支援でも要介護でも制度上、利用できます。

しかし、厳密には一つの訪問リハビリの事業所は2つの事業所から成り立っています。

『介護予防訪問リハビリテーション』

『訪問リハビリテーション』

の2つです。

細かく言えば、要支援者と要介護者では事業所が異なります。

これは介護保険サービスはほどんどそうだと思います。

なので、契約書等も異なります。一緒になれば楽なのになぁ~といつも感じております。

次に、利用の回数と加算です。

回数は区分限度額内であれば原則、週1回~3回までなら、可能です。

要支援1だと週3回は厳しいことになります。あとは他のサービス利用状況によって異なります。

加算も要介護と要支援では異なります。リハマネ加算・社会参加支援加算は要介護者だけです。

次に、私の最近の不満です。(笑)

①明らかに身体機能が向上し、非該当レベルになったのに、嘘をつき「えっ?」って思う認定が出る人がいる。時々、ケアマネージャーが誘導しているので、イライラします。ケアマネージャーなら、介護給付費を無駄遣いしないプランを立てて欲しいです。

②認定審査会が遅れる。私の市では現問題点です。GWも挟んだ為、2回分開催していません。4月と5月更新の人は全員認定が出ておりません。もう凄いことになっています。

③最近は要支援者の訪問リハビリの依頼が多いです。それは良いのですが、介護認定を今まで通り申請する為に利用者や家族が望んでいないのに訪問リハビリを利用するケアマネージャーがいます。これは少し勉強している人なら分かると思います。

 

訪問リハビリはじめ介護保険サービスに関わる人ならこのような勉強もしてみたらまた全体が見えてきて楽しいと思います。

是非、制度についても興味を持ってみてください。

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。