リハビリ

看護小規模多機能型居宅介護って何?分かり易く詳しく解説

看護小規模多機能型居宅介護というサービスは御存じでしょうか?

今回は看護小規模多機能型居宅介護について分かり易く詳しく説明していきます。

看護小規模多機能型居宅介護の概要

看護小規模多機能型居宅介護は、平成24年度の介護報酬改定で創設された新しいサービスです。

以下のニーズがある方を支援するように創設されました。

①退院直後の在宅生活へのスムーズな移行

②がん末期等の看取り期、病状不安定期における在宅生活の継続

③家族に対するレスパイトケア、相談対応による負担軽減

平成24年度の介護報酬改定で『訪問看護』と『小規模多機能型居宅介護』を組み合わせて提供するサービスを創設し『複合型サービス』とされましたが、提供するサービス内容のイメージがしにくいとのことで、平成27年度の介護報酬改定において『看護小規模多機能型居宅介護』と名称が変更されました。

看護小規模多機能型居宅介護を簡単に説明すると、以下の通りです。

①基本的に自宅で生活をする

②-ⅰ)必要な時にデイサービスに通う

②-ⅱ)必要な時にショートステイを利用

②-ⅲ)必要な時に訪問介護を利用

②-ⅳ)必要な時に訪問看護を利用

看護小規模多機能型居宅介護事業所の介護支援専門員が、「通い」、「泊まり」、「訪問(看護・介護)」のサービスを一元的に管理するため、利用者や家族の状態に即応できるサービスを組み合わせることができる。

人員基準

①日中

・通いサービス提供:利用者3人に対し1以上(常勤換算)

・訪問サービス提供:2以上(常勤換算)

・人員配置は各サービスに固定にせず、柔軟な業務遂行が可能

・通いサービス及び訪問サービス提供のうちそれぞれ1人以上は保健師、看護師又は准看護師

②夜間

・深夜 ・泊まりサービス及び訪問サービス提供:2人以上(うち1人は宿直勤務可)(泊まりサービスの利用者がいない場合、訪問サービス提供のために必要な連絡体制を整備しているときは、夜間・深夜の時間帯を通じて宿直勤務及び夜間・深夜の勤務を行う従業員を置かないことができる)

③従業者のうち1人以上が常勤の保健師又は看護師

④従業者のうち保健師、看護師又は准看護師は常勤換算法で2.5以上

⑤訪問看護事業者の指定を併せて受け、同一事業所で一体的な運営をしていれば、訪問看護ステーションの人員基準(看護職員2.5人以上)を満たすことにより④の基準を満たすものとみなす

⑥「認知症対応型共同生活介護事業所」「地域密着型特定施設」「地域密着型介護老人福祉施設」「指定介護療養型医療施設」を併設する場合、一体的な運営をしていれば兼務可能(同一時間帯で職員の行き来を認める)

⑦必要な研修を修了し、居宅サービス計画等の作成に専従する介護支援専門員(非常勤可、管理者との兼務可)を置く

⑧介護支援専門員は利用者の処遇に支障がない場合は、事業所・併設施設等の他の職務に従事できる

管理者(要件)

①常勤専従(管理上支障が無い場合は、事業所・併設施設等の職務に従事できる)

②特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、介護老人保健施設、小規模多機能型居宅介護事 業所、認知症対応型共同生活介護事業所等の従業員又は訪問介護員等として、3年以上認知症である者の介護に従事した経験があり、厚生労働大臣が定める研修(認知症対応型サービス事業開設者研修)を修了した者又は保健師若しくは看護師

代表者(要件)

①特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、介護老人保健施設、小規模多機能型居宅介護事業所、認知症対応型共同生活介護事業所等の従業員又は訪問介護員等として認知症である者の介護に従事した経験、又は保健医療サービスもしくは福祉サービスの経営に携わった経験があり、厚生労働大臣が定める研修(認知症対応型サービス事業管理者研修)を修了した者又は保健師若しくは看護師

登録定員・利用定員

①登録定員:29人以下

②通いサービス利用定員:登録定員の2分の1から15人まで ただし、登録定員が26人以上29人以下の事業所について、居間及び食堂を合計した面積が、「利用者の処遇に支障がないと認められる十分な広さ(1人当たり3㎡以上)が確保されている場合」は、通いサービスに係る定員を18人までとすることができる。

③泊まりサービス利用定員:通いサービスの利用定員の3分の1から9人まで

設備・備品等(基準)

①居間及び食堂は機能を十分に発揮しうる適当な広さ

②宿泊室・個室の定員:1人(利用者の処遇上必要と認められる場合は2人)

・個室の床面積:7.43㎡以上(病院又は診療所の場合は6.4㎡以上(定員1人の場合に限る))

・個室以外の宿泊室:合計面積が1人当たり概ね7.43㎡以上で、プライバシーが確保された構造

③家族との交流の機会の確保や地域住民との交流を図る観点から、住宅地等に立地する

報酬のイメージ

利用者の要介護度に応じた基本サービス費

(1)同一建物居住者以外の登録者に対して行う場合

要介護112,341単位
要介護217,268単位
要介護324,274単位
要介護427,531単位
要介護531,141単位

(2)同一建物居住者に対して行う場合

要介護111,119単位
要介護215,558単位
要介護321,871単位
要介護424,805単位
要介護528,058単位

加算

・登録日から30日以内のサービス提供【初期加算】(30単位/日)

・24時間の訪問看護対応体制を評価【緊急時訪問看護加算】(540単位/月)

・医療ニーズに重点的に対応する体制を評価【訪問看護体制強化加算】(2,500単位/月)

・介護福祉士や常勤職員等を一定割合以上配置(サービス提供体制強化加算)(介護福祉士5割以上:640単位、介護福祉士4割以上:500単位、常勤職員等 :350単位)

・認知症の者に対するサービス提供【認知症加算】(800単位、500単位/月)・総合マネジメント体制強化加算(1,000単位/月)

・事業開始後の経営安定化の支援【事業開始時支援加算】(500単位/月)

・介護職員処遇改善加算(加算Ⅰ:7.6%、加算Ⅱ:4.2%、加算Ⅲ:加算Ⅱ×0.9、加算Ⅳ:加算Ⅱ×0.8)

減算

・訪問看護体制減算(-925単位/月~-2,914単位/月)

・末期の悪性腫瘍等で医療保険の訪問看護の実施(-925単位/月~-2,914単位/月)

・特別な管理の評価【特別管理加算】(250単位、500単位/月)

・サービスの提供が過少である事業所(-30%)・定員を超えた利用や人員配置基準に違反(-30%

)・特別指示による医療保険の訪問看護の実施(-30単位~-95単位/日を指示日数に乗じる)

【参考資料:厚労省HP】

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談は有料です。 リアル&オンラインサロンでは無料となっております。 個別コンサルも行なっております。 まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。