訪問リハビリの持ち物・便利な道具

訪問リハビリの持ち物・便利な道具

訪問リハビリで私が普段持ち歩いている物について紹介させて頂きます。

まず、このカバン

安くて非常に使いやすいですよ!!!

本当にオススメです。

何度も言いますが、他と比べてとにかく安い!!!

↓↓↓


ナガイレーベン ヘルパーバック HG-7150(ネイビー)

 

その中に入れる物が以下の通り。

免許証、財布、携帯電話(スマートフォン)、時計、ストップウォッチ、名刺、身分証明書、パンフレット、メジャー(布・スチール)、マーキングテープ、六角レンチ等の工具、福祉用具のカタログ、ペーパータオル、液体せっけん、持ち出し用カルテ、記録用紙、ハンコ、筆記用具、評価用紙、タオル、アルコール綿、体温計、血圧計、パルスオキシメーター、打腱器、ゴニオメーター、聴診器、温湿度計、プラスチックグローブ、ビニール袋

以上が基本的に持ち歩いている物です。

結構、量が多いです。

これに加えて必要な時は、重錘バンドやボール、棒体操用の棒、バランスマット滑り止めシート、契約書、脳トレプリント…等様々なものを持ち歩いています。

『これもあった方がいい、あれもあった方がいい』と考える中で、どんどん数が多くなりました。

まるでドラえもんのポケット

↓ドラえもんの腹巻↓

これは巻いていきません。

訪問リハビリではいつ何があるか分かりません。

その時に対応できるように、自分が冷静に対応できる為の準備だと思っています。

おかげでマンションの階段は良い私にとってのリハビリになります(笑)

参考にしてみてください。

ちなみに私がオススメするものをこちらで紹介しています。

是非、見てみて下さい。

↓↓↓

訪問リハビリサービス6年目がオススメする書籍や道具【Amazon】

『これはあった方がいいよ』というものがありましたら、是非教えて頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。