訪問リハビリと通所リハビリは併用ができるのか?

訪問リハビリと通所リハビリは併用ができるのか?

『訪問リハビリと通所リハビリは併用ができるのか?』

ということがケアマネージャーから質問されることがあります。

結論から伝えますと『可能』です。

ケアマネジメントが大切

訪問リハビリテーション費は

「通院が困難な利用者」

に対して給付することとされていますが、通院によるリハビリテーションのみでは、家屋内におけるADLの自立が困難である場合の家屋状況の確認を含めた訪問リハビリテーションの提供など、ケアマネジメントの結果、必要と判断された場合は訪問リハビリテーション費を算定できるものです。

「通院が困難な利用者」の趣旨は、通院により、同様のサービスが担保されるのであれば、通院サービスを優先すべきということです。

しっかりとケアマネジメントされ、ケアプランに必要な理由が位置づけられれば可能です。

【厚労省HPより引用】

運営の効率化

平成27年度介護報酬改定で以下の文言が発表されました。

【訪問リハ及び通所リハを同一事業者が提供する場合の運営の効率化】

訪問・通所リハビリテーションの両サービスを、同一事業者が提供する場合の運営の効率化を推進するため、リハビリテーション計画、リハビリテーションに関する利用者等の同意書、サービス実 施状況の診療記録への記載等を効果的・効率的に実施できるよう見直す。(運営基準事項)

この文言が厚労省から出ている以上、訪問リハビリと通所リハビリの併用が禁止されていないということになると思います。

現状

私の事業所では訪問リハビリと通所リハビリを併用されている方はあまり多くあまりおりません。

しかし、訪問リハビリテーションと併用しているサービスを以下に挙げましたが、全国的に通所リハビリテーションとも併用していると発表されています。

最近では通所リハビリや通所介護(デイサービス)のセラピストが自宅に訪問し生活動線を見たり、住環境整備や福祉用具選定の助言をしたりすることが増えてきています。

訪問リハビリの方向性は『卒業』に向かっています。

卒業に関してはこちらの記事も是非読んでみて下さい。

なぜ訪問リハビリの理学療法士は卒業や通所系サービスを勧めるのか?

訪問リハビリの卒業を上手に勧める為には何をすべきか?

訪問リハビリはあくまで最終手段と考えて頂くことが良いと思います。

また、通所系サービスのセラピストが訪問セラピストの視点で見て頂くことで、実施の生活に目を向けたリハビリを提供して頂けると有り難いと考えております。

こちらの記事も読んでみてください。

訪問リハビリ・訪問看護の様々な併用問題に対する解説

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。