リハビリ

【必見】今、悩みのある理学療法士が転職する時にオススメするただ1つの条件

理学療法士の平均年収はどのくらい?

理学療法士の年収は2017年の厚労省の調査では、平均404万円です。

この年収をどう思いますか?

年収というものは、所得税や住民税の税金健康保険料や厚生年金保険料などの保険料が差し引かれる前の総支給額を指します。

当然「年収=手取り」ではありません。

では、年収400万円の手取りは概ねどのくらいになるかご存知でしょうか?

年収400万円の場合、社会保険料や年金、税金等が引かれると手取り約300万〜330万円となります。

例えば、手取りの年収を315万円としましょう。

・ボーナスが夏冬の2回で60万円(30万円×2)

・315万円ー60万円=255万円

月々の手取りは

・255万円÷12ヶ月=21.25万円となります。

この年収の場合、あなたは満足していますか?

価値観とは人それぞれです。

月々の手取りが20万円でも十分に生活をすることができます。

しかし、生活の質は下がると思います。

「少しでも良い生活をしたい」

良い生活とは人それぞれですよね?

例えば

・「良い車に乗りたい!」

・「少し高い外食をしたい!」

・「ブランド物を身につけたい!」

・「旅行に行きたい!」

 

そんな時、お金は必要です。

お金があれば解決することもありますし、悩み不安が減るのではないでしょうか?

 

理学療法士が年収を上げたいのであれば転職を!

もし、現在の収入に満足していないのであれば、私は転職を勧めます。

なぜならば昇給額が僅かだからです。

上司の年収をご存知でしょうか?

上司の年収が高いのであれば、その会社に長年勤めるメリットはあるかもしれません。

しかし、上司がお金のことで悩んでいる姿をみているのであれば、

ずっとその同じ会社に属しているメリットがあまりないです。

・科長や部長になった場合給料は多少上がるでしょう。

しかし、

「科長や部長になれますか?」

 

・科長や部長の年齢は?

・あなたと科長の間に何人いますか?

・ライバルはどのくらいいますか?

・科長や部長も必死だと思います。

 

組織の中でのキャリアアップを考えるのも良いと思います。

しかし、理学療法士の世界は、科長や部長でなかったとしても他の病院や施設等に転職をするだけで給料を抜くことができるという世界なのです。

例えば、歩合制の訪問看護ステーションに転職したのであれば、手取りが30万以上も誰でもすぐ可能です。

訪問リハビリに転職・就職を考えている人たちへ!!

現在の年収が少ないことに悩みがあるのであれば、他の会社に転職するという方法もあると思います。

「ずっと同じ会社に居た方が良い!」

それは一般企業の場合です。

残念ながら理学療法士の場合は別と考えた方が良いです。

 

しかし、転職をすると言いましても私はお金だけが全てではないと思います。

転職は慎重に行う必要があります。

慎重に行わなければ、また悩みが生まれるだけです。

大手の企業で年収が多くてもブラック企業であり、鬱になる人も多いです。

上述したことと矛盾してしまうかもしれませんが、「年収が多くても本当に幸せか?」と言ったら違うかもしれませんね。

仕事の時間は人生のほとんどを占めています。

仕事を楽しく行えるということが人生における幸せに繋がるかもしれませんね。

理学療法士としての悩み・不安

理学療法士という仕事は本当に素晴らしい仕事だと思います。

人から感謝され、これ程やりがいがある仕事はないと思います。

しかし、悩んでいる人も多いのも現実です。

 

「悩みがあった時、相談できる人はいますか?」

・頼ることができる人

・話すことができる人

・相談できる人

 

「あなたの職場にいますか?」

 

話を聞いてくれる人がいることって最高の環境だと思います。

現在はオンラインやブログを通しても色々な人に相談することができます。

私に相談してきて頂いても構いません。

でも、同じ職場に相談できる人がいるって本当に素晴らしいことだと思います。

今、悩んで仕事をしているからこの記事を読んでいるのだと思います。

悩みを解決する方法はたくさんあります。

悩みを抱えながら仕事を毎日しているって辛いじゃないですか。

同じ理学療法士として、仕事をするなら楽しく仕事ができると良いですよねっ!

理学療法士が転職する時は人間関係や職場の環境が大切

私が職場選びで大切にしていることは、

「誰とどこで働くか」です。

私が転職する時の1番大切にして欲しい条件が

人間関係と職場の環境です。

人間関係の価値観も人それぞれだと思います。

 

・大勢いる職場が良い人

・一人で黙々とやりたい人

・女性が多いところが良い人

・ベテランが多い職場

・新人が多い職場

 

大勢の理学療法士がいる職場ですと、悩みの相談ができる人が比較的見つかり易い傾向があります。

少しでも悩みを話す人が職場に欲しいという方には大勢の職場をお勧めします。

一人で黙々と仕事をしたい人には、訪問看護ステーションの歩合制の直行直帰の職場はどうでしょうか?

子供がいる女性理学療法士には同じ悩みを話せるような同じ女性理学療法士がいる職場が良いかもしれませんね。

勉強をしっかりしたい場合はベテランの理学療法士が多い職場を。

新人が多い職場では指導をすることが好きな人・みんなで職場を作っていきたい人にはお勧めします。

教えるってとても勉強になります。

 

給料面で悩みを抱えている理学療法士で転職を考えている人も多いかとは思いますが、まずは人間関係や職場の環境をしっかりと考えて転職することをお勧めします。

無料の転職サイトに登録する際は、給料面だけの要望ではなく、「◯◯の職場を」という条件をつけて相談してみてはいかがでしょうか?

今の転職サイトはそのような要望もしっかりと聞いてくれる方が多いです。

ぜひ、登録は無料ですので、ご活用ください。

オススメの無料の転職サイト

リハウルフ
リハウルフ
無料だからまず登録しよう! 

お問い合わせ

何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さいね!

訪問リハWOLFねっと運営者のプロフィール

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。