リハビリ

訪問リハビリで働く理学療法士・作業療法士のやりがい・魅力

リハビリコネクトみんなの訪問リハビリのやりがい

私は全国の訪問リハビリのセラピストが集まるオンラインコミュニティ「リハビリコネクト」を運営しています。

詳しくはこちら↓

あわせて読みたい
【新告知】リハビリコネクト〜訪問リハが繋がるサロン〜新メンバー募集リハビリコネクト〜訪問リハが繋がるサロン〜 訪問リハビリのオンラインサロンを平成30年1月1日から運営しています。 全国の訪問セ...

リハビリコネクトでは日々色々なやり取りをしており、全員で最強の訪問セラピストになれるように情報交換をしています。

そんな中、リハビリコネクトのメンバーが「訪問リハビリにどんなやりがいを感じているのか?」を聞かせていただきました。

みなさん熱い想いを持ち訪問リハビリをやっていることが分かりましたので記事にさせていただきます。

八木大樹さん訪問リハビリのやりがい

僕の思う「訪問リハビリのやりがい」
利用者さんの変化が一番出したい場所で出せる」事にやりがいを感じています。
今までは病棟勤務だったので、在宅はどんなに頑張っても想像の域を脱しなかったり、外出訓練出来てもかなり一時的な情報しかありませんでした。
訪問リハビリでは、 利用者さんの変化を一番出したい在宅生活で見ることができます。
身体が変わって心が変わる方もいますし、心が変わって身体が変わってくる方もいます。
利用者さんで初めは身体が動かしにくい、しんどいと言って家の中での生活が塞ぎ込んでいた方も身体が動かしやすくなってくる事で、徐々に前向きな言葉が聴ける様になり、外出機会が増えてきていると本人からあった時はとても嬉しく思いました。
その変化に自分が関われた事がやりがいと感じた事ですね。

八木さんには以前インタビューもさせて頂いたことがあります。

あわせて読みたい
訪問リハビリインタビュー【訪問リハ2週間目の理学療法士】八木大樹さん訪問リハビリインタビュー2人目は八木大樹さんです。 訪問リハビリインタビューとは何か?を知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。...

八木大樹さんのブログも勉強になりますので是非足を運んでみてください。

中山陽平さんの訪問リハビリのやりがい

訪問リハビリのやりがいですね、やりがいと言っていいかはわかりませんが、社長になった今でも現場のリハビリに入ると楽しいんですよね^_^
それが何かなって考えると、その人らしさに向き合って幸せをプレゼンできることかなって思います。
上手くいかないこともありますけど、そこに人間臭いところがあって、心の中で自分のせいにしたり、相手のせいにしたりしながら悩んでいるうちにすごく自分という人間を利用者さんが磨いてくれる感じがします。
生きてきた時代や人生は違っても、利用者さん、それぞれに見てきた世界を聞いていくと本当に勉強になる点も多いです。
それを語る前提条件として、病院よりも自宅という自分の城である事が大きいのかなって思います。
そして、そんな貴重な経験を私にお話ししてくれた目の前の方に、自分は何を返せるのかなと。
そう考えながらできるこの仕事の幸福感というのは他に代え難いのだと考えています。
ステキな仕事ですね^_^

中山さんのマチリハプロジェクトはコチラ

マチリハプロジェクト-誰でもいけるお店プロジェクト-

norichangさんの訪問リハビリのやりがい

自分主体の抽象的な表現で申し訳ないのですが。。。
個人的に訪問リハはリハビリの総合格闘技だと思っています。
極真や柔道やキックボクシングもやりながら、の総合格闘技。
もっと言うとストリートファイトに近い感じです。
それから長縄跳びとも感じています。
病や怪我を経てリハが必要となった方の人生に、私が長縄跳びの途中から入って介入して、何十回かご家族も一緒に跳び、ベストなタイミングで又縄の外に出る…又は次の方にバトンタッチする事が出来たのか?といつも考えます。
混乱だけを残して縄の外に飛び出た、みたいな事も良くありましたから…(^_^;)
そこから考える訪リハのヤリガイですが…スポーツを例えにした様に、過程も結果も普段の練習もチームワーク作りも勘も運も根性も気象条件も大切だと思っていて、この沢山の要素を少しでも充実させたいと思う事自体が楽しいんですよね〜。

なかむさんの訪問リハビリのやりがい

私の考える訪問リハビリテーションのやりがいは、生活場面に直接アプローチができること
そして、長い経過で関われること良くも悪くも結果が出ることだと思います。
病院や施設、病期や状況により、それぞれに重要な役割を担っていると思います。
在宅では、皆様が述べられている様に利用者さんにはそれぞれの複雑な背景があり、同じ状況でも障害像は大きく異なってくると思います。
そこへの配慮がすごく重要だと思います。
介入時の関わりはもちろん大切ですが、如何に安全、安心を確保して、その人らしさや生きがいに繋げられるか、社会資源を活用して、多職種で情報を共有して知恵を出し合い、密に連携して関われるか総合力が大切だと思います。
すごくやりがいを感じる反面、自分の無力さを痛感することも多々ありますが、それも貴重な経験として反省することで、次に繋げるモチベーションとなり、やりがいなのだと考えています
若い女性のがんターミナルの利用者さんへの関わりで、お風呂に入りたい、トイレに行きたい、お弁当を作ってあげたい等の思いを聞き、難しいと思えることも安全を考慮しながら手段、方法を一緒に考え、何とか実現することで、「やりたいことをどうにかしようって一緒に考えてくれてすごく嬉しかった」と話され、永眠される日まで、本当に人生の貴重な一時に関わらせて頂いたことに本当に感謝していますし、セラピスト冥利に尽きると思います。

なりくんの訪問リハビリのやりがい

やりがいというか生きがいしか感じないです。
自分の、好きで、得意で、気持ちいいことがそのまま利用者の人生を導く光になって、自分自身に正直に、まっすぐ歩む標となって道を照らす。
その背中を見た新たな利用者が希望をもって歩みだしてくれる。
素敵以外の言葉が見つからない。
それが訪問リハ。
なんか書いててスピリチュアル感が出てて自分でも嫌だけど超真面目に真剣に書いてます。
車椅子乗ったまま退院してきたひとが杖歩行で散歩できるようになったり、 退院直後の自宅で能力発揮できなくて閉じこもりがちになってしまったひとがたった一回のかかわりでガラッと生活スタイル変わったり、 術後の経過が悪いまま退院してきて両松葉でも痛みがどうにもならなかったひとが杖なしで散歩するまで良くなったり、 退院後の在宅支援の方向性でバラバラになってしまった家族が担当者会議をキッカケにまたひとつになったり、 エピソード挙げだしたらキリがないくらいの素敵な職業☆

中村翔さんの訪問リハビリのやりがい

その方の可能性を見出し、一歩を踏み出すきっかけをつくり、「諦めていたこと」が実現したその瞬間に立ち会えたときに、訪問リハビリのやりがいを感じます。

小島一範さんの訪問リハビリのやりがい

私は、これまでの人生でいくつかの別の経歴を経て現在この訪問リハビリテーションという職に就いていますが、本当にやりがいのある、素晴らしい仕事だなと思っています。
その人らしい生活を一緒に探していくこと
・より良くするための手段は発想次第で様々あること
・じっくりと一対一で向き合えること
このようなところが自分としては素晴らしいと思えるところです。
近年の技術の進歩はとどまることを知らず、10年前には考えられなかった事が次々に現実のものになってきています。
AIやロボットといったテクノロジーによって現在の職業はほとんど取って代わられるとも言われています。
そんな中で、比較的最後まで残っていくのがPTやOTといったリハビリテーション専門職だと言われています。
それは、やはり人と人との心からの関わり合いが重要な意味を持っているからだ、と思われるのですが、そういう意味ではリハ専門職の中でもさらにこの訪問リハビリの仕事というのは、機械やコンピュータでは絶対的に成し得ないものを持っているのではないかと思っています。
これからもじっくりと一対一で向き合いながらその人らしい生活を一緒に探していけるよう楽しみながら頑張っていきたいと思っています!

小島さんのプレゼン動画↓

YURIさんの訪問リハビリのやりがい

私は「在宅医療・介護を支えるメンバーとして機能した!」と思えたときに自己満足ですが、やりがいを感じます。
地域のいろいろな職種がチームを組んで在宅での生活や介護、医療を少しでも支えることができたかなと実感が持てます。
ホームヘルパー、ケアマネージャー、在宅医、看護師、訪問薬剤師の方々は他事業所で情報共有も連携も後手にまわることが多かったですが、この間「看取りまでチームを組んでいくぞ!どういった時に連絡が欲しいか等の基準を明確に!円滑な情報共有を!」っていう感じになり、利用者さんや家族も安心して過ごすことができたように思います。
自分だけでなく、チームとしてガチっと機能して、利用者さんやご家族に笑顔になってもらえると本当にうれしいです。

田中めぐみさんの訪問リハビリのやりがい

あわせて読みたい
訪問リハビリの楽しさと目的【田中めぐみさんへのインタビュー】訪問リハビリインタビュー9人目は田中めぐみさんです。 過去の訪問リハビリインタビューはこちらをご参照ください。 http://rih...

私の訪問リハビリのやりがい

あわせて読みたい
理学療法士が感じる訪問リハビリのやりがい訪問リハビリって本当に楽しいですよ。 この記事を読んで訪問リハビリに興味を持った方は是非、こちらの記事も読んでみてください。 htt...

訪問リハビリはやりがいがあり素晴らしい仕事です。

是非、訪問リハビリの世界へ飛び込んでみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
訪問リハビリに転職・就職を考えている人たちへ!!リハウルフの運営の理学療法士の杉浦良介です。 訪問リハビリに転職・就職を考えている人たちへ私からのメッセージです。 ちなみに、私は転...
ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。