多分1番詳しい訪問リハビリと訪問看護(リハビリ)の料金解説

多分1番詳しい訪問リハビリと訪問看護(リハビリ)の料金解説

訪問リハビリと訪問看護の介護保険、医療保険全ての料金を分かり易く説明します。
訪問看護に関しては看護師との共通部分やその他加算の種類が非常に多く逆に分かりにくくなる為、一部簡略化致します。
また、あくまで料金の説明ですので、各加算の詳細については私の別の記事を読んで頂けると幸いです。

訪問リハビリと訪問看護の介護保険の料金

介護保険から説明します。
介護保険分野は、

  1. 訪問リハビリテーション
  2. 介護予防訪問リハビリテーション
  3. 訪問看護
  4. 介護予防訪問看護

の4つです。

介護保険分野は1単位=10円~11.40円となっています。

1回20分=302単位という形です。
医療の場合は1点=10円です。)

地域区分とは?

地域間における人件費の差を勘案して、地域間の介護保険費用の配分方法を調整する為に設けられた区分です。
金額は1級地区分がもっとも高いです。
1級地は東京都の特別区で訪問リハビリは1単位=11.10、訪問看護は1単位=11.40円です。訪問リハビリと訪問看護で1単位の料金が異なります。

平成24年度報酬改定までは『特別区・特甲地・甲地・乙地・その他』の5区分でした。
平成24年度報酬改定以降『1級地・2級地・3級地・4級地・5級地・6級地・その他』の7区分、
平成27年度報酬改定以降『1級地・2級地・3級地・4級地・5級地・6級地・7級地・その他』の8区分となりました。

訪問リハビリテーションの料金

<基本サービス費>
訪問リハビリ1 302単位 1回(20分)につき
訪問リハビリ2 302単位 1回(20分)につき
※1は病院又は診療所、2は介護老人保健施設の場合

<減算>
事業所と同一建物の利用者又はこれ以外の同一建物の利用者20人以上にサービスを行う場合90%減算。例)302単位→272単位

<加算>
訪問リハ中山間地域等提供加算 5%加算
短期集中リハビリテーション実施加算 200単位 1日につき
リハビリテーションマネジメント加算Ⅰ 60単位  1月につき
リハビリテーションマネジメント加算Ⅱ 150単位 1月につき
社会参加支援加算 17単位 1日につき
サービス提供体制強化加算 6単位 1回につき

介護予防訪問リハビリテーションの料金

<基本サービス費>
予防訪問リハビリ1 302単位 1回(20分)につき
予防訪問リハビリ2 302単位 1回(20分)につき
※1は病院又は診療所、2は介護老人保健施設の場合

<減算>
事業所と同一建物の利用者又はこれ以外の同一建物の利用者20人以上にサービスを行う場合90%減算。例)302単位→272単位

<加算>
予防訪問リハ中山間地域等提供加算 5%加算
短期集中リハビリテーション実施加算 200単位 1日につき
サービス提供体制強化加算 6単位 1回につき
予防訪問リハ訪問介護連携加算 300単位 1回につき

(介護予防)訪問看護(リハビリ)の料金

※訪問看護は介護と介護予防が名称以外一緒です

<基本サービス費>
訪問看護Ⅰ5 302単位 1回(20分)につき

<減算>
事業所と同一建物の利用者又はこれ以外の同一建物の利用者20人以上にサービスを行う場合90%減算。例)302単位→272単位
1日に2回を超えてサービスを行う場合(60分訪問)90%減算

<加算>
夜間早朝加算25%増
深夜加算50%増
2人以上による場合 30分未満の場合 254単位加算
2人以上による場合 30分以上の場合 402単位加算
特別地域訪問看護加算 15%加算
中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算 5%加算
特別管理加算Ⅰ 500単位 1月につき
特別管理加算Ⅱ 250単位 1月につき
※特別管理加算は看護師の事業所の体制加算だが、リハビリのみの方にも該当する
訪問看護初回加算 300単位 1月につき(初めての訪問時)
訪問看護退院時共同指導加算 600単位 1回につき(算定時、初回加算は算定不可能)
訪問看護体制強化加算 300単位 1月につき
※訪問看護体制強化加算は看護師の事業所の体制加算だが、リハビリのみの方にも該当する
訪問看護サービス提供体制加算 6単位 1月につき

 

訪問リハビリと訪問看護(リハビリ)の医療保険の料金

次に医療保険を説明します。
医療保険分野は、

  1. 病院からの医療保険の訪問リハビリ(在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料)
  2. 医療保険の訪問看護

の2つです。

病院からの医療の訪問リハビリの料金

病院からの医療保険の訪問リハビリ=在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料です。

在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料 300点 1単位(20分)につき

以上です。

医療保険の訪問看護(リハビリ)の料金

これは少し難しいので難しいことは省いて簡単に分かり易く説明します。

<基本サービス費>
医療保険の訪問看護の1回の訪問時間は30分~90分と曖昧に設定されています。
基本サービス費は『訪問看護基本療養』と『訪問看護管理療養費』という2つを足す形になります。
訪問看護基本療養費(Ⅰ)5,550円+訪問看護管理療養費2,980円=8,530円
1回30分~90分の訪問で8,530円となります。
しかし、毎月の1回目の訪問は訪問看護管理療養費が高く設定されています。
訪問看護基本療養費(Ⅰ)5,550円+訪問看護管理療養費7,400円=12,950円。
毎月の初めの訪問日のみ1回30分~90分の訪問で12,950円となります。
※事業所の体制により訪問看護管理療養費が7,400円、9,400円、12,400円と異なります。

<加算>
※医療保険の訪問看護の加算はたくさんありますが、看護師のみ算定できるものが多いです。
乳幼児加算(3歳未満) 500円 1日につき
幼児加算(3歳以上6歳未満) 500円 1日につき

<交通費>
各事業所で設定

訪問リハビリ・訪問看護(リハビリ)の料金のまとめ

今回は訪問リハビリと訪問看護(リハビリ)の介護保険と医療保険の料金を説明しました。

たくさんあり過ぎて混乱しますよね?
各事業所がどの加算をとっているのにより異なります。
また、利用者ごと負担額も異なります。
介護保険は訪問看護より訪問リハビリの方が加算が優遇されています。
医療保険は訪問看護の方が圧倒的に優遇されています。
※訪問リハビリと訪問看護では介護と医療保険の対象者は異なります。
この料金体制が平成30年度同時改正でどのように変化するでしょうか?
分かり次第、更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。