訪問リハビリの初回訪問~私の臨床をもとに~

訪問リハビリの体験に対する相談

先日、知り合いのOTからこんな相談がありました。

ケアマネージャーさんから

「訪問リハビリの体験をお願いしたい」と言われた場合どうされていますか?

  • デイサービスなどは体験利用が良くある。
  • 通所リハビリも体験利用がある。

このOTさんは、なぜこのような質問をしてきたかというと、

訪問リハビリ・訪問看護からのリハビリは、医師の指示の下行うリハビリテーションである。

したがって、

医師からの指示書がない場合は、疾患名も不明であり、注意すべき点や禁忌なども不明確である為、リスク管理がしっかりとできていない状態ではやってはいけないのではないか?

こういう疑問が生じたとのことである。

皆さんはどう思いますか?

私は、後から思いました。

「あっ!通所リハビリも医師の指示の下行われるリハビリテーションだ!」と。

少し補足しよう!

  • 介護保険分野でリハビリテーションと言われているのは、訪問リハビリテーションと通所リハビリテーションだけである。
  • リハビリテーションは医師の指示の下行うものである。
  • 通所介護(デイサービス)は機能訓練であり、医師の指示は不要
  • 訪問看護のリハビリは訪問看護であり、医師の指示は必要

正直、訪問リハビリより、機能訓練であるデイサービスやリハビリテーションである通所リハビリが一日見る方がリスキーかもしれない。

この上記した問題に関しては、柔軟に対応していくことが事業所運営やケアマネージャーさんとの上手な関わり方ですね。ということで、このOTさんとは話はまとまりました。

このような話は普段から私は事業所内でも良く話しています。

症例検討はもちろん、それ以外の業務のことも普段一緒に働かないセラピストとも話をすることがとても大切であると思いました。

やっぱり人と話すと色々な視点を知ることができ、自分の成長にも繋がりますね。

これからもどんどん色々な人と繋がって話していこうと思います!

私の新規依頼から訪問リハビリ提供までの流れ

訪問リハビリの体験という話が挙がりましたので、私の訪問リハビリの新規依頼から提供までの流れについて簡単に説明します。

ちなみに、私は訪問リハビリの体験というものはしておりません。

しかし、無料アセスメントを推しています。

とにかく、無料アセスメントをさせて欲しいとケアマネージャーさんに伝えています。

訴えています。段々と浸透してきました。

それは、私が考える適宜適切なリハビリテーションを行う為には、しっかりと利用者さんを選定する必要があるからです。

その為には、「この人に本当に訪問リハビリは必要か?」「この人の目標は何なのか?」「何の為に訪問リハビリをやるのか?」これをしっかりとアセスメントする必要があります。

卒業に関しては賛否両論あると思います。

疑問点がある場合は私に直接連絡をください。

訪問リハビリを卒業させる為には、初回が一番大切です。

それは、依存を無くし、利用者さんやご家族さんにに私たちの訪問リハビリサービスはこんなサービスですよ!としっかりと説明する為です。

はじめにしっかりと説明して契約をすれば何も問題がなく、心地よい卒業を迎えることができます。

よって、私の流れは以下の通りです。

依頼→無料アセスメント→サービス担当者会議→契約→指示書依頼→訪問リハビリ提供開始

無料アセスメントこそが私がやりたい訪問リハビリテーションを行う為に必要なことです。

私が自分がしたい訪問リハビリを行う為にしたことが気になる方はこの有料記事を読んでみて下さい。

私のことがより深く分かる記事です。

値段は張りますが真剣に書いております。

訪問リハビリの初回訪問~私の働き方~

私はこの訪問リハビリのブログを書いているのは、人の役に立ちたいからです。

良くこのブログにも色々と質問も頂きますが、

「杉浦さんは普段、訪問リハビリでどんな風に働いているのですか?」

と質問をされることがあります。

では、私のつい先週の働き方を説明します。

決してレアなことではありません。これが日常的に行われていることです。

少しでも参考になれば嬉しいです。

※個人情報を留意して要点だけを簡潔に話します。

先週の〇曜日です。

今回の話の続きである初回訪問です。

私は、初回アセスメントをして、「この人には運動を指導しなくてはいけない。自主練習を指導して運動習慣をつけて欲しい」と思いました。その為、立位での運動メニューを作成し、ラミネートし、一週間分の自主練習チェックシートを作成し持っていきました。

指示書には時にリハビリにおける注意事項無し。

これが訪問リハビリの指示書の実際です。

初回訪問はなるべく2人でいきます。これにも色々な意味があります。

はじめに、血圧を測定しました。

収縮期血圧170、拡張期血圧100mmHg

~略~

軽負荷の運動をしました。

収縮期血圧200、拡張期血圧100mmHg

5分後、血圧若干低下

さて、皆さんならここから何をしますか?

 

 

私は、そこから本人と家族にひたすら問診をしました。

初回の無料アセスメントもそうですが、色々と引きだすには聞く能力が必要です。

そこで聞き出せた重要な点

  • 受診をした時に血圧を測ったことがない
  • 体重がドンドン増加している
  • 血液検査を最近したことがない

それ以外にも色々とありました。

これも聞く能力が試されます。

さて、皆さんならここから何をしますか?

 

 

私は以下の事をその場でやりました。

  • 軽負荷の運動指導
  • 体重測定の指導
  • 血圧の測り方の指導
  • 食事の指導

問診に非常に時間を要したのでここで40分間が終わりです。

ちなみにこの方は、進行性難病です。

しかし、生活習慣病の方が先に助言が必要と私は判断しました。

その後、ケアマネージャーに連絡。

もちろんケアマネージャーもそんなに血圧が高いことは知りません。

その後、医師に連絡。

介護保険初認定であり、我々のみサービスを提供している為、全てを行います。

これがつい最近の私の初回訪問です。

 

このケアは正解だったか分かりません。

私も未熟なセラピストです。もし、助言があるのであれば是非個別にご教授下さい。

しかし、40分間の初回訪問で、私なりに最大限のことしました。

それは毎回の訪問がそうです。

訪問セラピストは基本的に1件1件の訪問40分間を真剣に向き合わなくてはいけないと思っています。

 

これが私の普段の業務の様子です。

結構真面目に働いています(笑)

私は初回訪問後、初回訪問を一緒にした後輩のセラピストに聞きました。

「俺の今回の関わり良かったかな?」と。

このように振り返りをします。

正解はないと思っているからです。

また、後輩とこんな話もしました。

私「もし、(自分のところの)新人に、この人の初回訪問に行かせたら何すると思う?」

後輩「ずっと身体機能評価かな。と」

決して、全員ではないと思います。

しかし、そんな評価をする人もいるはずです。

冒頭にも述べましたが、リスク管理は訪問リハビリにおいては非常に大切です。

 

訪問リハビリには必要な能力や適正というものがあります。

40分間をどう使うか?

次、会うのが一週間後だったらどう関わるか?

その人の置かれている環境は?介護力は?

全てを考え、最善な答えを導き、助言をする!

しかも、瞬時に!

これが訪問リハビリだと思っています。

 

正解はない。

正解を教えてくれる人もいない。

とにかく話し合うことが大切。

後輩も全員私にとっては立派な教育者です。

症例検討。症例検討。症例検討。

これが大切!!!

最近、TwitterやFacebook、ブログなどを通して素晴らしいセラピストと繋がることができています。

そんな全国の自分より優秀なセラピストと話すことは自分の成長に確実に繋がっていると感じています。

毎日家に帰り振り返る。ブログを書くことでも振り返ります。

話し合うって良いですよね。

眠くなったので寝ます。(笑)AM1:46。おやすみなさい。

※後で文章や誤字脱字直します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。