リハビリ

【必見】将来不安な理学療法士がやるべきたった1つのこと

理学療法士として働いていて将来が不安に感じていませんか?

理学療法士はとてもやりがいがある仕事です。

でも、「できればもうちょっと給料が欲しいなー」って思っている人もいるのではないでしょうか?

給料はすぐには上がりません。

しかも、これから理学療法士の年収は減少していくと言われてもいます。

そんな中、

何かを行動しなければ給料は上がらない。」

これは間違いないです。

この記事では、将来不安に感じている理学療法士に対して、今やるべきことをお伝えしたいと思います。

この記事で分かること

・将来不安な理学療法士がやるべきことが分かる
・このまま普通に働き続けるリスクが分かる
・給料を上げるオススメの方法が分かる

では、早速読み進めて理学療法士の将来の不安を解決するヒントを探してください。

将来不安な理学療法士がやるべきたった1つのこと

私が理学療法士として働いていて、不安に感じた1番の理由は給料がなかなか上がらないという現実があるからです。

  • 手取りが約20万円
  • ボーナスが35万円程度
  • 年収の手取りは310万円程度

これは9年目の理学療法士の私の年収です。

理学療法士として働き、1年目〜9年目で僅かな増加はありましたが、その変化は僅かです。

私はこのまま理学療法士として働いていて、給料が上がらないということに対して「将来不安」になりました。

手取り年収を12で割ると、約26万円です。

月に26万円あれば生活はできます。

世間には給料がこれ以上に少ない人もいれば、多い人もいます。

しかし、このまま働いていても給料が上がらないのは見えています。

その理由は昇給が毎年2,000円程度だからです。

理学療法士の昇給は1,000円〜5,000円程度と言われています。

しかし、現実問題、2,000円程度が普通で、2,000円上がれば良い方とも言われています。

計算してみてください。

40歳になれば介護保険も払わなければいけません。

あなたは今の給料で満足ができますか?

人には色々な価値観がありますので、満足ができるのであれば大丈夫!

しかし、私はもう少しお金があった方が幸せに暮らせると思っているので、将来のために給料を上げたいと考えました。

しかし、職場を見渡してみてください。

「上司は若い」

そーなんです。

リハビリ業界は若い人の集まりであり、このまま働いていても50歳の時、60歳の時どのくらいの給料をもらえるかなんて分からないのです。

でも、一つだけ言えることはあります。

何もやらなかったらこのまま変わらないということです。

では、何をすべきか?

それは個人を磨くことだと私は思います。

武器を持つということです。

理学療法士よ!ブランド人になれ!

理学療法士でも給料が高い人はどのような人か知っていますか?

理学療法士でも給料を多くもらっている人はたくさんいます。

  • セミナー講師
  • 著者
  • 大学教員
  • 企業している人

その人たちに共通する点は、「得意分野があるということです。

企業している人は色々な企業の方法がありますので、ここではセミナー講師を例に挙げて考えてみましょう。

セミナー講師は、ある分野を超得意としています。

とにかく極めています。

例えば、

・〇〇療法を得意としている
・〇〇療法のセミナーをしている
・〇〇療法の書籍を書いている

こんな形で一つのことを得意としていれば、引っ張りだこになるのです。

セミナーの講師は5万〜30万円くらい1日で収入を得ることができると言われています。

ここで、きっとこんなことを考える人はいるのではないでしょうか?

セミナーをやる人は特別な人だから私にはできない

それは違うと思います。

私の経験談

セミナーの成功例を上げてみましょう。

私は、専門学校卒業の肩書きも何もない普通の理学療法士です。

理学療法士の9年間の人生の中で7年間訪問リハビリをやっていたことは私にとっては武器でした。

そこで、得意分野の訪問リハビリについてのブログを1年半書きました。

そしたら、ブログを見てくれて私を知ってもらえるようになりました。

そこで、訪問リハビリのセミナーの告知をしました。

そしたら、7日間で47名集めることができました。

これは私の訪問リハビリの経験を武器にしたからです。

ちなみにそのセミナーはこちらです。

2019.3.23(土)日本一熱い訪問リハビリセミナー【リハビリコネクト主催】 重要 このセミナーは告知から1週間で埋まりましたので、申し込み終了とさせて頂きます。 定員参加者からの入金も無事完了しましたので...

多少は参考になりましたか?

武器はリハビリに関わることだけではない!

この記事を読まれている人は、

じゃあ、専門の得意分野を極めてセミナーをやればいいの?」って思う人もいるかもしれませんね。

それは違います。

武器というのは色々な武器があると思います。

私自身、訪問リハビリのセミナーができたのは色々な武器があったからだと思っています。

・理学療法士
・訪問リハビリが得意
・人前で話すことが得意
・プレゼン資料作りが得意
・ブログを書くのが得意

これらの多くの得意(武器)があったから、訪問リハビリのセミナーを開催し、人を集めることができ、収入を増やすことができるようになったのです。

ブランド人になるには掛け算が大切と言われています。

オススメの本はこちらの本です。

是非、買って見てください。

私はこの方法を実践しているだけです。

この本ではこのように説明をされています。

世界をまたにかけて活躍するグローバル・スーパーエリート以外の人たちが生き抜くための極意。それは1%の人、すなわち「100人に1人」のレアな人になることです。

「100人に1人」という1%の希少性を獲得できれば、どの分野でも食べていける確率が高くなりますし、その他大勢のライバルから抜け出すことも可能になります。

引用)藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

 

例えば、

絵を描くことが得意の人は理学療法士という特性を活かして、「筋肉のイラストを描く」とか。

写真が得意な人は理学療法士という特性を活かして、リハビリのカメラマンとして活躍するとか。

サイト運営が得意な理学療法士は、病院のサイトを作製するとか。

得意なものを磨いて、理学療法士と掛け合わせることで可能性は無限大に広がります。

そうなれば、会社に必要な人材になれますし、外部から呼ばれることも増えます。

そうすれば、自分の強みができるわけで、どこの職場に行っても自信を持って働くことができるようになるのです。

初めはすぐに収入は上がらないと思います。

しかし、コツコツやって得意分野を極めていけば、きっと得意分野が武器に変わり、それが収入に変わる日も来るはずです。

ずっと何気無い毎日を働いていて昇給を祈るより、自分しかできないことを身につけて「〇〇のことは〇〇に任せたい!」という人材になれれば、理学療法士としての価値は高まります。

理学療法士はこれからどんどん増加していきます。

働く場所も減少していきます。

求人情報を見たことはありますか?

今は初任給も大幅に減少しています。

でも、理学療法士はやりがいがあり、本当に素晴らしい職業です。

理学療法士として働くことはオススメします。

今、給料が少なくて将来が不安なあなたはまず、自分の得意分野を知り、武器にすることから始めてみてはいかがでしょうか?

私が参考にした本をもう2冊紹介したいと思います。

まずはこの本を読み、価値がある「ブランド人」とはどんな存在か?を学んでみてください。

ブランド人になれ!

ブランド人になれ

訪問リハビリは稼げるのか?稼ぎたい人は見てください。訪問リハビリに転職したいけど、訪問リハビリって稼げるの? って疑問ではないでしょうか? 私は訪問看護ステーションで勤務して、現在、訪...
訪問リハビリは儲かるのか?年収を上げたい理学療法士必見!理学療法士として働く中で年収に不安があるあなたへ! よく「訪問リハビリって儲かるの?」と聞かれることがあります。 訪問リハビリは儲か...
ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。
こちらの記事もおすすめ!