リハビリ

【紹介】リハビリ集団体操でオススメの本を集めてみました!

リハビリ専門職であれば誰もが通る道!

それは集団体操です。

皆さんは集団体操を振られた時に、すぐにその場を盛り上げることができますか?

私は普段から高齢者サロンやデイサービスへの委託で集団体操を行うことが多々あります。

リハビリ専門職では当たり前な体操ですが、一般の人にとっては未知なる領域です。

  • 「この体操はどんな効果があるの?」
  • 「この体操はどのくらいやればいいの?」
  • 「○○が痛い時どんな体操がオススメ?」

このような質問が飛び交います。

そんな時、あなたは答えることができますか?

集団体操は対象者に合わせて、実施する環境に合わせて、分かり易く・説明を入れながら行う必要があります。

集団体操を行う機会がある人のために、集団体操に関する本を紹介したいと思います。

その前に、集団体操について勉強していきましょう!

集団体操(リハビリ)とは?

集団体操とは、言葉の通り、集団で体操をすることです。

  • 「体操の講師と大人数」
  • 「みんなで体操をする」

などいろいろなパターンがあると思います。

個別でリハビリをするのではなく、集団でみんなで体操をすることを集団体操と言います。

ラジオ体操などは代表的な集団体操かもしれませんね!

リハビリ集団体操の目的・効果

集団体操をすることで様々な効果があります。

たとえば、

  • 身体機能が向上する
  • 他者との交流にもなる
  • 脳が活性化する
  • 生活の質が向上する

などが挙げられます。

集団体操の特有な効果としましては、

  • 活力と心の健康を短期的に改善する
  • 普段体操を行わない高齢者にはより効果的

なども言われています。

私は個人的にリハビリ専門職が説明して体操をすることで、認知機能低下などがあり普段体操をしない方でも集団で体操することで笑顔で一緒に普段より楽しそうに体操ができるということを実感しております。

集団体操の内容

集団体操と言いましてもいろいろな体操があります。

  • 椅子に座って行う体操
  • 立って行う体操
  • 棒を使って行う体操
  • タオルを使って行う体操
  • 声を出して行う体操
  • いろいろな道具を使って行う体操

場所や対象者に合わせて様々な体操が考えられます。

時間もそれぞれで、短い体操から長い体操までいろいろな集団体操があります。

集団体操で地域を元気に!

私は集団体操で地域を元気にしたい!いう想いがあり、地域に体操を広める活動をしています。

私の住んでいる静岡県磐田市では、12:00と17:00に無線放送で「ふるさといわた」という磐田市歌が流れます。

その音楽が流れた時に市内で体操ができれば地域の予防となる集団体操になるのではないか?と考えました。

動画とリーフレットを無料で配布して、様々なところで広がってくれることを願っています。

この集団体操の目的は体操しながら歌うという二重課題もありますが、音楽が流れた時に健康を意識してくれることが主の目的としています。

したがって、体操を広める時はもれなく私の健康の深いい話付きなのです。

ふるさといわた体操の動画

あわせて読みたい
静岡県磐田市の予防のために運動を広める活動をはじめてみた。理学療法士としてリハビリテーションを行う中で、やっぱり介護予防が大切だなーって思っています。 何でもそうですが、悪くなるより良くする方...

誰もが満足!年齢や体力差のあるシニアの集団体操34&支援6つの極意 (シリーズシニアが笑顔で楽しむ)

年齢や体力差のある何人かのシニアに一緒に体操を楽しんでいただこうと思っても、うまくいかずに、困ったことはありませんか。この本は、そんなスタッフの方の心強い味方です。34の体操は、立ってでも、座ってでもできます。年齢や体力差のあるシニアでも一緒に楽しんでいただく方法が載っています。体操の進め方は、シニアに向けた簡潔でわかりやすいコトバかけの形になっていますので、誰でもすぐ支援できます。集団体操を支援するときの6つの極意も載っています。

Amazon内容詳細より引用

介護レベルのシニアでも超楽しくできる 声出し!お祭り体操

この本は、介護現場のスタッフのみなさまが、シニアの体操をじょうずに支援するための本です。特に、シニアの集団運動をするときに、「明るく、元気な雰囲気づくり」に、大いに役立ちます。もちろん、おひとりや、少人数の体操にもおススメです。この本で最も重視するのは、「声を出して、体を動かす」ことです。年齢や体力レベルに著しい差があっても、誰にでもかんたんにできます。道具は一切不要です。朝の体操や、食事の前後、ちょっとした空き時間に、おススメ。身体レベルが低下している場合には、声を出すだけでオッケーです。(ストレスの発散、心身機能の維持・向上)

Amazon内容詳細より引用

椅子に腰かけたままでできるシニアのための脳トレ体操&ストレッチ体操

椅子に腰かけたままできて、高価な運動器具や道具も一切使わず、要介護レベルのシニアにも楽しく簡単にできます。手先の器用さやカラダの柔軟性などの維持向上をはかり、転倒を予防するなどの体操を紹介します。頭を使いながらカラダを動かす脳トレは、シニアの判断力、思考力の維持向上をはかります。また、自然に笑顔になって集団の雰囲気を和やかにします。すべての体操の進め方がイラストで紹介されています。本文中のコトバがけは、介護現場でそのまま使えるように、セリフ仕立てになっています。個人でも施設でも使えます。

Amazon内容詳細より引用

介護予防のための太極拳ゆったり体操(DVD付)改訂版

無理なく、楽しく、気持ちよく!身体を動かして、日々健康に! 「太極拳ゆったり体操」は、どなたでも気軽に参加できます。 「太極拳ゆったり体操」は、介護予防を目的に、福島県喜多方市、福島県医科大学、会津保健所が共同で作成した体操です。どなたでも無理なくでき、高齢者の体力向上への効果が検証・立証されています。 現在は関西福祉科学大学が検証に取り組んでいます。

Amazon内容詳細より引用

DVD&CD付き 歌える体操レクリエーション (学研介護レクシリーズ)

高齢者に大人気の曲が満載!みんなで歌える、リズムに合わせて楽しめる!!高齢者体操レクの進行ノウハウがよくわかる!無理なく動ける楽しい振り付けで、心身の機能向上!

Amazon内容詳細より引用

リハビリ体操ネタ帳 (安心介護ハンドブック)

リハビリ集団体操は楽しい!みんなでやろう!

リハビリ集団体操は講師側も楽しみながらやるのが大切です!

このような本が一冊あれば、リハビリ専門職なら見ながら説明しながら行うことができるはずです!

また、リハビリ専門職でなくても本を活用すれば効果や方法などしっかり書いてありますので、集団体操で高齢者の介護予防に役立ててみてはいかがでしょうか?

【おまけ】私がいつも高齢者サロンに持っていく本

100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方

私が高齢者サロンや市民講義をする際にいつも持ち歩いている本はこの本です。

集団体操の本ではありませんが、話のネタがたくさん入っていますし、高齢者サロンなどでよくある質問の答えが載っています。笑

もちろん様々な体操も載っています。

一般の人が読んでも分かり易く、リハビリ専門職が一般の方に分かり易く説明できるような内容で書いてありますので説明方法も勉強になります。

是非、参考にしてみてください。

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。