リハビリ

病院で数年働き、給料UPのため訪問リハビリへ転職希望する理学療法士へ!

急性期や回復期で3年ほど働いた後に、訪問リハビリへ転職を考えている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は多いのではないでしょうか?

きっとこの記事にたどり着いたということははあなたも転職を考えているはずです。

私は、2年間通所リハビリで働いた後、訪問看護ステーションで3年働き、その後、訪問リハビリテーション事業所を立ち上げて現在7年間訪問リハビリサービスの分野で働いている理学療法士です。

詳しくはプロフィールを閲覧ください。

あわせて読みたい
リハウルフ運営者杉浦良介のプロフィールリハウルフにようこそ はじめまして。 ブログに訪問して頂きありがとうございます。 リハウルフの運営者の杉浦良介です。 静岡県...

病院で数年間働き、なぜ生活期の訪問リハビリに転職をしようと思ったのか?

それは個々人異なると思います。

今回、この記事では以下のような内容を説明していきます。

・訪問リハビリ1年目で抱える悩み

・訪問リハビリの給料

・訪問リハビリに向いている人・向いていない人

訪問リハビリに転職をして成功する理学療法士もいれば、転職をしても続かずに辞めてしまう理学療法士もいます。

この記事を読んで、「自分は訪問リハビリに転職をしても大丈夫だ!」という自信をつけていただければ幸いです。

参考にしてください。

理学療法士3年目が訪問リハビリに転職(異動)し、1年目で抱えた悩み

私は理学療法士1年目は通所リハビリで働いておりました。

2年間通所リハビリで働き、その後、訪問リハビリ(訪問看護ステーション)へ異動(転職)という形で移りました。

医療保険下であります病院から訪問リハビリへの転職という形ではありませんが、参考になると思いますのでシェアさせていただきます。

誰もが新しい分野での1年目は悩みを抱えるものだと思います。

私が訪問リハビリへ異動(転職)してはじめに悩んだことはこのようなことです。

・先輩と一緒に関わる利用者さんに「新人扱い」されたこと
・先輩が関わればもっと良くなるんじゃないか?と思ったこと
・「次の受診日は?」「薬何飲んでる?」とか、こんな事も訪問リハビリにおいては聞く必要あるの?っていう事を知らなかったこと
・訪問看護だった為、看護師さんとの連携時に分からない医療用語が沢山あったこと
・HOTとか、自己導尿とか、ストマーとか、吸引とか、ニップとか、血糖測定とか…あまり触れた事ないことが出てきたこと
・道が覚えられず、業務外に何度か確認しにいったこと
・先輩に訪問している姿を見られる時に緊張したこと
・引き継いだメニューのマンネリ化
・引き継ぐ前の先輩とやり方が違うと言われたこと
・ターミナルの人への接し方が分からなかったこと
・訪問リハビリの介護保険の制度が理解できない

私はこのような悩みを訪問リハビリに転職して感じました。

私は現在7年間訪問リハビリを行なっている理学療法士です。

訪問リハビリ1年目に感じたことを7年目の訪問リハビリに関わる理学療法士が分析し、これから訪問リハビリに転職を考えている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に向けてアドバイスをしたいと思います。

訪問リハビリでの新人扱いをされた経験

まず、理学療法士1年目でも3年目でも例えば10年目でも生活期である訪問リハビリの分野に転職をしたら、そのステージでは1年目です。

利用者さんから新人扱いされるということは良くあることです。

技術があるorないという問題ではなく、その利用者さんのことを今まで関わってきた理学療法士等の方がその人のことを知っているから生じる問題だと思います。

この問題については既存の利用者さんからはそう捉えられますが、新規で受け持つ場合はあまり問題視しなくて良いと思います。

しかし、理学療法士3年目とかですと、同じ事業所の訪問セラピストが経験の長い人の場合は多少苦痛に感じるかもしれません。

でも大丈夫です!

「はじめて」は皆さんが通る道であり、「はじめて」を経験したからこそ、その経験をこれから訪問リハビリの世界に転職する人の力にもなれ、また教育や相談にもいかすことができるはずです。

私は理学療法士3年目で訪問リハビリの門を叩きました。

自慢ではないですが、新人の頃あまり勉強をしなかった影響もあり、リハビリの治療技術に自信がありませんでした。

訪問リハビリでは、一人の利用者さんに対して、複数名の療法士が関わるケースがあります。

たとえば、週1回はAセラピスト、週1回はBセラピストという形の場合があります。

そんな時、利用者さんにとっては、ベテランの療法士に関わってもらえた方が良いのではないのか?という想いを訪問リハビリに転職したばかりの自分は心の底で抱いていました。

そんな悩みも訪問リハビリ1年目の頃は感じていたことが記憶にあります。

訪問リハビリでは幅広く生活をアセスメントする必要がある

訪問リハビリは生活期の代表のリハビリであり、生活に即したリハビリテーションが展開されます。

例えば訪問リハビリではこのようなこともアセスメントをします。

  • 受診で何か先生に言われましたか?
  • 次の受診はいつですか?
  • 現在どんな薬を飲まれていますか?
  • ご飯は食べられていますか?
  • 便秘はないですか?

私は通所リハビリで働いていた頃はあまり気にかけることができていませんでした。

病院で働く理学療法士や作業療法士は、医師・看護師・栄養士などとチームを組みケアを行うため、各専門職に任せる形をとることが主流だと思います。

しかし、在宅では必ずしもすべての専門職が関わるとは限らないため、リハビリ専門外のこともしっかりとアセスメントをする必要があるのです。

そのようなことを知らない新人訪問セラピストの私は、この壁にぶつかりました。

「こんなことも聞く必要があるのか!」

という事態になったのです。

今では生活期のリハビリテーションはその利用者さんすべてを見る必要があるということを理解できるようになりました。

しかし、はじめの頃はそのようなアセスメント能力もなく、苦難しました。

フィジカルアセスメントのオススメの本

訪問看護師との連携や在宅医療用語などでの悩み

私は訪問リハビリの1年目は訪問看護ステーションで勤務をしました。

訪問看護ステーションはもちろん訪問看護師さんがいます。

私は通所リハビリで働いていたため、あまり看護師さんと接する機会も少なく、はじめはとても緊張をしました。

そして、看護師さんが普通に使う看護師の専門用語が最初は全く理解できませんでした。

訪問リハビリに転職をするとこのような悩みにもぶつかります。

また、在宅医療では良くあることも最初はわかりませんでした。

  • 在宅酸素療法(HOT)
  • NPPV療法(非侵襲的換気療法
  • 血糖測定
  • 自己導尿
  • 人工透析
あわせて読みたい
理学療法士が知っておきたい在宅酸素療法(HOT)訪問リハビリの現場で良く目にする在宅酸素療法 はじめに『HOT』という名前聞いたとき、 「ほっと?ほっともっと?(笑)ん?何?」 ...
あわせて読みたい
人工透析患者に対する訪問リハビリ人工透析患者に対する訪問リハビリ 訪問リハビリの利用者は一つの特徴は『人工透析患者が多い』ということだと思います。 人工透析は基本的...
あわせて読みたい
意外と知らない!?『自己導尿』に関する知識訪問リハビリを行っている利用者さんの中では自己導尿を行っている人がいます。 全国では自己導尿を行っている人は1万7000人程度いるよう...

訪問リハビリ転職直後、道を覚えられず悩んだこともあった

私は訪問リハビリに転職後、最初の壁はこれだったかもしれません。

「利用者さんの家を覚えることができない」

普段行かないような細い道も入り、訪問をします。

分かりそうで訪問しても、途中で迷子になってしまうこともありました。

利用者さんに迷惑がかからないように、休みのときや前日仕事が終わった後に道を確認したこともありました。

しかし、これも慣れです。

訪問リハビリ経験7年間の今では地図だけで初めてのお宅にも訪問することができるようになりました。

先輩に訪問リハビリを同行されて緊張

訪問リハビリを一緒に行くことを、「同行する」「同行訪問」と言います。

はじめの頃は教育の一環や引き継ぎ等で、一人では訪問しないで先輩に同行していただくこともありました。

非常に有難いことなのですが、同行されることがとても緊張するのです。

同行されてそのあと何か言われないか、何を見ているのだろう?など考えながら訪問リハビリを提供するわけですので、汗が止まらなかった経験があります。

また、先輩の利用者さんを引き継いだ後、「前と違う」や「こんなことはやっていない」などと言われることもあり、それが悩みでもありました。

血圧の測り方ひとつでも、細かいこだわりがある方もいらっしゃいまして、大変な想いをはじめにした記憶があります。

ターミナルの訪問リハビリ・訪問看護の接し方がわからない

訪問リハビリに転職して、数ヶ月経過した時、ターミナルの訪問リハビリに関わる機会がありました。

私は今まで一度もそのような経験がなかったので、大きな声で「リハビリの担当です!よろしくお願いします!」とはりきって挨拶して、注意されたことがあります。

理学療法士としても人間としても経験や知識がなかったということもありますが、訪問リハビリはターミナルの方もいれば難病の進行性疾患の方もいます。

どのように接するかがわからず、悩んだこともありました。

神経難病リハビリリハビリテーションの本で超オススメ

私がとてもオススメの神経難病のリハビリテーションの本です。

介護保険の訪問リハビリの制度が全く理解できない

私は理学療法士になり2年間は通所リハビリテーションで働いていましたが、まだ若手ということもあり、介護保険制度に関してはほとんど無知でした。

例えば、医療保険下である病院から介護保険下である訪問リハビリテーションに転職をする場合に誰もが大変な思いをすることが介護保険制度の理解だと思います。

介護保険下では介護保険制度に沿ってリハビリテーションが行われます。

特に訪問リハビリテーションや訪問看護ステーションからのリハビリである訪問リハビリテーションサービスの制度はややこしいです。

介護保険制度が難しいと話しましたが、訪問リハビリテーションのサービスは訪問リハビリテーションも訪問看護ステーションからのリハビリも医療保険も介護保険もあります。

管理者ではその制度に沿って運営方法を決めて行く必要もありますし、訪問セラピストの一員でもある程度の制度は理解しておく必要があります。

私は訪問看護ステーションで3年働いた後、訪問リハビリテーション事業所を立ち上げましたので、その両方の制度を理解しております。

制度に関しましては覚える!経験する!しかないのでしっかりと覚えて自らがしっかりと自分のリハビリテーションを行える環境を作る必要があると思います。

訪問リハビリに転職すると給料が高いのか?

では、訪問リハビリに興味がある人にこんな内容を参考にでも載せておきます。

訪問リハビリに転職すると給料は高くなるのか?

結論から申します。

単独の訪問看護ステーションなどで歩合制の職場は病院などの職場と比較して給料が高くなることが多いです。

訪問リハビリの職場はいろいろあります。

  • 病院やクリニック、介護老人保健施設などに併設された訪問リハビリ事業所
  • 医療法人が行なっている訪問看護ステーション
  • 株式会社等が経営している訪問看護ステーション

給与体系やそれぞれ異なりますので、自身にあった職場を選ぶことをお勧めします。

訪問リハビリに向いている人・向いていない人

では、本題です。

この記事は、病院で数年働き、給料UPのため訪問リハビリへ転職希望する理学療法士へ書いたメッセージです。

結論から申しましょう。

私が上述した私が訪問リハビリ1年目に味わった経験をクリアできるのであれば訪問リハビリに転職しても大丈夫だと思います。

現在の生活期リハビリテーションは、活動や参加に特化した内容となっています。

「よし!病院で学んだテクニックを活かすぞ!」
などの考えで訪問リハビリに転職をすると、
「あれ?思っていたステージとは違う」と感じてしまうこともあります。

私もこのような方々をよく見てきました。

その反面、作業療法士は生活期には向いていると思います。

理学療法士でも作業療法士的な考えを持っているセラピストは訪問リハビリに転職をしても違和感なく溶け込めると思います。

訪問リハビリに興味がある人は是非、こちらの記事も読んでみてください。

あわせて読みたい
訪問リハビリに転職・就職を考えている人たちへ!!リハウルフの運営の理学療法士の杉浦良介です。 訪問リハビリに転職・就職を考えている人たちへ私からのメッセージです。 ちなみに、私は転...

理学療法士の無料でオススメ転職サイトランキング

リハウルフ
リハウルフ
とりあえず無料だから登録しよう! 

ランキング1位
「マイナビコメディカル」を運営するのは、厚生労働省から認可を受けた転職・就職支援サービスです。 費用は一切かかりません。登録されると各地の医療機関や施設に精通した専門の転職アドバイザーが、ご希望に合った求人をできるだけ多く紹介してくれます。 ご登録から内定まできめ細かにサポートいたします。来社いただいての転職相談会(面談)はもちろん、地方在住や多忙な方には、お電話やメールでの求人紹介も実施しています。登録は1分で完了
 
オススメ度
利用者数No1のオススメサービス
対応とても丁寧な対応
対象地域東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫

詳細ページ公式ページ

ランキング2位
「メドフィット」は、医療・介護専門の求人情報を無料でご提供するサイトです。 医療・介護の求人数は業界最大級! 専任エージェントがあなたの転職・就職を徹底サポート。メドフィットだから納得の転職を実現します。
 
オススメ度
速さが自慢最短3日のスピード入職
現場の声生の声が聞ける
対象地域全国対応

詳細ページ公式ページ

ランキング3位
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介
【スマイルSUPPORT介護のサービス】
介護分野の総合人材サービスです。 職業紹介、紹介予定派遣、派遣、新卒・第二新卒紹介すべてをサポートします。経験豊富なキャリアコンサルタントがご担当。ご希望条件やご要望をもとにお仕事を紹介。面接の日程調整や条件交渉もサポート。日本国内のユーザー全域が成果対象となります。
 
オススメ度
求人数首都圏最大級の求人数
サポートどんな条件でも対応
対応地域北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県

詳細ページ公式ページ

お問い合わせ

何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さいね!

リハウルフ運営者のプロフィール

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。