リハビリ

訪問リハビリのトラブルってどんなことがあるの?

訪問リハビリをやっていると色々なトラブルが起こります。

そんな訪問リハビリのトラブルを記事にしてみました。

トラブルって起きるとドキドキしますよねっ!

でも、経験を積めばトラブルにもしっかり対応できる能力がついてくるはずです。

訪問リハビリのトラブル

訪問リハビリのトラブルには色々なことがあります。

トラブルとは、もめごと・いざこざ・紛争・事故のことを指します。

しかし、ここでいうトラブルは、もう少し軽〜い感じで捉えていただきたいです。

A訪問看護ステーションとB訪問看護ステーションが争ったなどのトラブルは載せてありません(笑)

また、紹介するトラブルは訪問リハビリ業界の知人に聞いた話も多く含まれているため、全て私の経験談ではありません。

では、早速、訪問リハビリにおけるトラブルを紹介していきたいと思います。

訪問したら家が空いていない

訪問リハビリでお宅を訪問したら、鍵が閉まっていた!

そんな経験は訪問リハビリをしているセラピストであれば誰もが経験したことのある話ではないでしょうか?

結構焦りますよね???

「もし、家の中で倒れていたらどうしよう」とか「大丈夫かな?」とか心配しますよね?

とりあえず、家の周りを回ったり、近所の人がいたら話してみたり、家に電話をしてみたり。緊急連絡先である家族に電話してみたり…。

「家が空いていない」というトラブルは、訪問リハビリで初めに経験するトラブルかもしれませんね!

訪問しても利用者さんがいない

「家が空いていない」というトラブルと少し似ていますが、「訪問してもいない」ということがあります。

家族の人が出てきて、

  • 受診いきましたよー
  • お出かけしましたよー
  • さっき出かけましたよー

とか、普通に言われることもあります。

先に言ってくださいよー!!!笑

ってなりますね。

時々、鍵は開いているのにいない!!

なぜだ!っていうこともあります。

かなり心配しますよねっ。

「訪問してもいない」

これも訪問リハビリではよくあるトラブルです。

利用者さんの体調が急変。リスク管理が大切

訪問リハビリでは時には体調が急変するといったトラブルもあります。

このトラブルは真剣に考えないといけないトラブルですよね。

生活期は急性期前とも言われています。

いつ何が起きるかわからない状況でリハビリを行っているということを常に念頭に置いて置かなければいけません。

訪問リハビリは一人でお宅を訪問してリハビリをするため、リスク管理をしっかりと行う必要があります。

訪問リハビリでは、利用者さんの体調が急変しても冷静に対応できる能力を身につけておく必要があります。

オススメの本

フィジカルアセスメントがみえる
生活期リハ・訪問リハで役立つ フィジカルアセスメント リスク管理ハンドブック

ペットの尿を踏んだ

時には訪問リハビリではこんなトラブルもあります。

「ペットの尿を踏んでしまった」

訪問リハビリを長年やっている人は経験したことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ペットの尿を踏んでしまい、靴下が濡れてしまい、次の訪問するお宅に裸足で訪問するという事態になってしまうこともありますので、訪問リハビリでは予備の靴下が必須です。

私の大好きな靴下屋です。

インターネットでも購入できるのでオススメです。

靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)

 

訪問リハビリは寒い・暑い

訪問リハビリって外に行くので、セラピスト自身も寒いし暑いんですよね。

訪問リハビリのセラピストにとってはある意味トラブルです。

訪問リハビリの夏は暑いですし。

訪問リハビリの夏は暑い!!私は訪問リハビリで働く理学療法士です。 どうしても書きたかったので書きます。 拝見 訪問リハビリ・訪問看護・訪問介護・訪問入浴...

訪問リハビリの冬は寒いです。

訪問セラピストは、冬場は上下ヒートテック必須です。

自転車で訪問リハビリに行く人は、手袋もあったほうが良いですね!

家の臭い

訪問リハビリのトラブルといえば、時々匂いがきついお宅もあります。

あまり綺麗ではないお宅もあります。

これも訪問リハビリ特有のトラブルかもしれませんね。

ハウスダストや猫アレルギーのある方はマスクなどの対策も必要です。

「ちょっと匂いが〜」というときも、上手に対応できるテクニックを身につける必要がありますね。

訪問リハビリは辛いこともある!訪問リハビリは楽しいです。 でも、辛いこともあるのです。(涙) 訪問やってた時の同僚で潔癖症の人がいたけど、マイスリッパ持ち歩い...

訪問リハビリにおける交通事故

訪問リハビリは毎日運転をする業務です。

運転する機会が多いので、交通事故の確率も上がります。

訪問リハビリ中の交通事故だけは絶対避けたいトラブルですね!

急いでいたとしても、交通渋滞があっても、事故だけはしてはいけません。

自分の身を守るのが大切です。

ちょっと遅れそうな時は、停まって電話をするなどの対応をした方が大きなトラブルは防ぐことができます。

遅れてしまった時は、しっかりと謝ることでクレームも減るはずです。

訪問リハビリでの交通事故だけは注意しましょう!

仲間と一緒に訪問リハビリの悩みを解決しましょう

訪問リハビリのトラブルは時には悩みに変わります。

そんな時、些細なことでも話ができ、共感し合える訪問リハビリの仲間がいたら嬉しい!って思ったことはありませんか?

そんな人たちのために、訪問セラピストのコミュニティを作りました。

訪問リハビリで起こったトラブル・嬉しこと・成功したこと・失敗したことを気軽に話すことができる仲間です。

もしよかったらこちらの記事ものぞいてみてください。

リハビリコネクト〜訪問セラピストが繋がる場所〜リハビリコネクト 訪問リハビリが繋がるコミュニティ 「リハビリコネクト」は 2018年1月1日にスタート 現在、100名以上の...
ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。
こちらの記事もおすすめ!