リハビリ

住宅改修は3段階でリセットされ、もう一度20万円使えます。

住宅改修を介護保険を利用して行う場合、20万円まで介護保険で支給されます。

しかし、介護度が3段階以上悪化した場合、再度20万円まで介護保険で支給されます。

このルールは少し複雑です。

このようなルールを知っておくと、お得です!

今回はこの住宅改修で要介護度が3段階悪化した場合の活用方法について分かりやすく解説をしていきます。

住宅改修は3段階でリセットされ、もう一度20万円使える

まず、基本的なところから説明をしていきます。

介護保険で住宅改修をすることができる

要支援1〜2、要介護1〜5の人は介護保険で住宅改修を行うことができます。

介護保険自己負担割合というものがあり、その人によって1割または2割、3割と設定されています。

20万円まで使えますが、20万円の中でその人によって1割・2割・3割を支払うことになります。

住宅改修が介護保険の適応になる場合

介護保険を使えばどんな住宅改修もできるわけではありません。

以下の場合の住宅改修に限り介護保険を利用できます。

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消
  3. すべりぼ防止及び移動の円滑化などのための床または道路面の材料の変更
  4. 引き戸などへの扉の取り替え
  5. 洋式便器などへの便器の取り替え
  6. その他

①手すりの取付け
・廊下、トイレ、浴室、玄関などの屋内だけでなく、敷地内の屋外も対象
・転倒予防もしくは移動または移乗動作に役立てるために設置

②段差の解消
・廊下、浴室、トイレ、玄関などの段差を解消する
・玄関から道路までの道路などの段差・傾斜を解消する«敷居を低くする、スロープの設置
※浴室すのこは、固定しない場合には福祉用具購入費の支給対象
・昇降機、リフトなどの動力によって段差解消する機器設置工事は除く
・床のかさ上げは、基本的に歩行器、車いす利用の方が対象

③すべりの防止及び移動の円滑化などのための床または道路面の材料の変更
・居室での畳敷から板製床材、ビニール系床材などへの変更
〈車いす利用のための畳からフローリングへの変更〉
・浴室での滑りにくい床材などへの変更
・階段での滑り防止素材(ノンスリップなど)の貼り付け
・屋外通路面での滑りにくい舗装材などへの変更

④引き戸などへの扉の取り替え
・扉(門扉含む)全体の変更
〈身体的状況(麻痺など)により現在の形状の扉を開けることができない時などに開き戸を引き戸、折れ戸、アコーディオンカーテンなどに取り替える〉
・ドアノブの変更
・扉の撤去

⑤洋式便器などへの便器の取り替え
・一般的には、和式便器から洋式便器への取り替え
※腰掛便座は福祉用具購入費の支給対象

⑥その他
上記1~5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
〈壁や床の下地補強〉

自治体によって異なる場合もあります。

介護保険での住宅改修がリセットされる場合

一度20万円分を使用しても、再度20万円分使用できる場合があります。

3段階要介護度が悪化した場合

それは、「住宅改修の着工日の要介護等状態区分に比べて 3段階以上上がった(悪化した)場合」です。

その時は、 再度、支給限度基準額の20万円まで支給申請可能となります。

例えば、要介護1の時に住宅改修をして、その後要介護4になった場合、リセットされて20万円まで介護保険で住宅改修を行うことができるのです。

・要支援2と要介護1は同じ段階として考えられる
・3段階リセットは一度だけ可能
・10万円を使っていた場合は、20万円にリセットされる

転居した場合も住宅改修費がリセット

転居した場合は、転居後の住宅について、支給限度基準額の20万円まで支給申請をすることができます。

その他の場合(夫婦は別々に住宅改修を介護保険で使える)

夫婦は共に20万円まで(合計40万円)使用可能ということも覚えておくと良いですね。

 

このように、介護保険で住宅改修を利用する場合は、20万円という支給額がリセットされる場合があります。

是非、覚えておいてくださいね。

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 セミナー講師・コンサル(個別相談・企業向け)・寄稿等のお仕事の依頼もお待ちしております。 Twitter・Facebook・Instagramのフォローもどうぞよろしくお願いします。
こちらの記事もおすすめ!