訪問リハ

【解説】訪問リハ小規模事業所加算 、訪問リハ中山間地域等提供加算とは?

リハウルフ管理者・リハコネ代表

杉浦良介の著書

リハコネ式! 訪問リハのためのルールブック

購入はこちら

中山間地域等への加算について解説をします。

 

中山間地域等への加算は2つあります。

 

  1. 訪問リハ小規模事業所加算
  2. 訪問リハ中山間地域等提供加算

 

リハウルフ
リハウルフ
この2つについて解説をしていきますね! 

 

中山間地域等とは?

 

そもそも中山間地域等とは?ということから説明をしていきます。

 

中山間地域とは、以下の地域を指します。

 

  • 豪雪地帯対策特別措置法
  • 辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律
  • 半島振興法
  • 特定農山村地域における農林業等の活性化のための基盤整備の促進に関する法律
  • 過疎地域自立促進特別措置法の指定地域

 

 

中山間地域等における訪問リハ小規模事業所加算とは?

 

中山間地域等における小規模事業所加算とは、別に厚生労働大臣が定める地域(※2)に所在し、かつ、別に厚生労働大臣が定める施設基準(※3)に適合する指定(介護予防)訪問リハビリテーション事業所の理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士が指定(介護予防)訪問リハビリテーションを提供した場合に加算されるものです。

 

※2 豪雪地帯対策特別措置法、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律、半島振興法、特定農山村地域における農林業等の活性化のための基盤整備の促進に関する法律、過疎地域自立促進特別措置法の指定地域

※3 訪問リハビリテーションについては、1月当たりの延訪問回数が30回以下であること 介護予防訪問リハビリテーションについては、1月当たり延訪問回数が10回以下であること

 

延訪問回数とは、前年度(3月を除く)の1月当たりの平均延訪問回数をいうもの

前年度の実績が6月に満たない事業所については、直近の3月における1月当たりの平均延訪問回数を用いるものとする。

 

訪問リハ中山間地域等提供加算とは?

 

訪問リハ中山間地域等提供加算とは、豪雪地帯など中山間地域等に居住する利用者に対して、通常の事業の実施地域を越えて訪問リハビリテーションを提供した場合に100分の5加算できるものです。

 

中山間地域等の訪問リハビリのQ&A

 

Q.月の途中において、転居等により中山間地域等かつ通常の実施地域内からそれ以外の地域(又はその逆)に居住地が変わった場合、実際に中山間地域等かつ通常の実施地域外に居住している期間のサービス提供分のみ加算の対象となるのか。あるいは、当該月の全てのサービス提供分が加算の対象となるのか。

A.該当期間のサービス提供分のみ加算の対象となる。
※ 介護予防については、転居等により事業所を変更する場合にあっては日割り計算となることから、それに合わせて当該加算の算定を行うものとする。

 

 

Q.特別地域加算(15%)と中山間地域等に居住するものへのサービス提供加算(5%)、又は、中山間地域等における小規模事業所加算(10%)と中山間地域等に居住するものへのサービス提供加算(5%)を同時に算定することは可能か。

A.特別地域加算対象地域又は中山間地域等における小規模事業所加算対象地域にある事業所が通常のサービス実施地域を越えて別の中山間地域等に居住する利用者にサービスを提供する場合にあっては、算定可能である。

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 セミナー講師・コンサル(個別相談・企業向け)・寄稿等のお仕事の依頼もお待ちしております。 Twitter・Facebook・Instagramのフォローもどうぞよろしくお願いします。

リハウルフの公式LINEでは、セミナー情報・訪問リハ情報などを定期的に配信しております。

登録特典も設けてありますので、是非ご登録のほどよろしくお願いします。

友だち追加

こちらの記事もおすすめ!