訪問リハ

【解説】訪問看護と訪問リハビリは同日訪問が可能なのか?

 

「訪問看護と訪問リハビリは同日訪問が可能なのか?」

こんな悩みに回答させていただきます。

 

まずは信憑性を持っていただくように、私の経歴を簡単にお伝えします。

私は理学療法士で、下記のサービスを全て経験したことがあります。

 

  • 訪問看護ステーションからの医療保険の訪問看護
  • 訪問看護ステーションからの介護保険の訪問看護
  • 病院からの介護保険の訪問リハビリテーション
  • 病院からの医療保険の在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料

 

このブログでは訪問リハビリに関することについて300記事以上ブログを書いています。

 

そんな私が解説させていただきます。

 

この記事でわかること

・訪問看護と訪問リハビリの同日訪問が可能か否か分かる

 

では、早速解説していきます。

 

訪問看護と訪問リハビリは同日訪問が可能なのか?

 

訪問看護と訪問リハビリの同日訪問は可能なのか?

 

結論をお伝えしましょう。

可能です。

 

介護保険の訪問看護と介護保険の訪問リハビリの同日訪問

 

介護保険の訪問看護と介護保険の訪問リハビリは全く別のサービスになります。

したがって、同日訪問しても問題がありません。

 

ただし、注意する点があります。

 

  • 同じ時間帯に訪問することはできない
  • それぞれケアプランに位置づけられている

 

以上のことを守れば制度上、訪問リハビリと訪問看護が同日訪問しても全く問題がありません。

 

訪問看護Ⅰ5と介護保険の訪問リハビリテーションの同日訪問は可能?

 

 

看護師による訪問看護と、理学療法士による病院などからの訪問リハビリテーションは同日訪問が可能なのか?ということについては、可能ということがわかりましたよね?

 

しかし、訪問看護のサービスでは、理学療法士等による訪問看護、いわゆる「訪問看護Ⅰ5」というサービスがあります。

 

では、「訪問看護Ⅰ5」と病院などからの介護保険の訪問リハビリテーションは同日訪問が可能なの?

という疑問を抱くかもしれませんね!

 

理学療法士等による訪問看護も介護保険のサービスの中では「訪問看護」として位置付けられます。

 

結果、訪問看護Ⅰ5と病院からの介護保険の訪問リハビリテーションも同日訪問可能となります。

 

 

具体例を説明したいと思います。

下記の両方とも同日訪問可能であり、制度上全く問題ありません。

 

  • 5月3日に、午前中に訪問看護Ⅰ3、午後に介護保険の訪問リハビリテーション
  • 7月10日に、午前中に訪問看護Ⅰ5、午後に介護保険の訪問リハビリテーション

 

 

まとめ

  • 訪問看護と訪問リハビリは同日訪問が可能
  • 訪問看護Ⅰ5と訪問リハビリも同日訪問が可能

 

訪問看護と訪問リハビリは同日訪問が可能なのか?

 

この疑問について解決することができましたでしょうか?

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 セミナー講師・コンサル(個別相談・企業向け)・寄稿等のお仕事の依頼もお待ちしております。 Twitter・Facebook・Instagramのフォローもどうぞよろしくお願いします。

リハウルフの公式LINEでは、セミナー情報・訪問リハ情報などを定期的に配信しております。

登録特典も設けてありますので、是非ご登録のほどよろしくお願いします。

友だち追加

こちらの記事もおすすめ!