訪問リハ

介護保険の訪問リハビリに回数制限はあるの?

リハウルフ管理者・リハコネ代表

杉浦良介の著書

リハコネ式! 訪問リハのためのルールブック

購入はこちら

「介護保険の訪問リハビリに回数制限はあるの?」という疑問にお答えします。

 

こんにちは、リハウルフ管理者の杉浦良介です。

 

この記事でわかること

・介護保険の訪問リハビリの回数制限について

 

リハウルフ
リハウルフ
では、早速、勉強していきましょう! 

 

介護保険の訪問リハビリに回数制限はあるの?

 

結論から話をします。

 

介護保険の訪問リハビリには、回数制限があります。

その制限は、週6回までです。

 

 

指定訪問リハビリテーションは、利用者又はその家族等利用者の看護に当たる者に対して1回当たり20分以上指導を行った場合に、1週に6回を限度として算定する。

引用)厚生労働省HP

 

 

介護保険の場合は1回=20分間=292単位(令和元年10月〜)

という表記の仕方をします。

 

基本的に2回分(40分間)または、3回分(60分間)で訪問リハを提供することが多いです。

 

1日40分間で訪問リハビリを行なった場合、週3日までとなります。

 

分かり易く説明しますと、1週間あたり120分間(6回分)の訪問リハビリを提供することが可能です。

 

例えば、したがって60分間訪問なら週2日までとなります。

 

介護保険の訪問リハビリの回数制限についてまとめます。

 

  • 基本的には週6回120分間
  • 40分間訪問なら週3回
  • 60分間訪問なら週2回

 

 

時々ある質問を紹介しますね!

 

同じ事業所から理学療法士と作業療法士と言語聴覚士が訪問してる場合はどうなるのですか?

A.全て合わせて6回までの回数制限です。

 

複数の事業所から訪問リハビリを提供している場合はどうなりますか?

A.全て合わせて6回までの回数制限です。

 

1度に2回を超える(60分)訪問の場合は料金の減算はありますか?

A.ありません。訪問看護のリハビリの場合は2回を超えると減算となります。

 

まとめ

 

サービスによって回数制限が異なります。

介護保険における訪問リハビリの回数制限は週6回です。

 

しかし、最大まで全員が利用できると思ったら大間違いです。

 

介護保険では限度額があります。

 

また、しっかりとその人に「なぜ訪問リハビリが必要なのか?」をマネジメントをする必要があります。

 

適宜適切な訪問リハビリを目指すことができると良いですね。

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 セミナー講師・コンサル(個別相談・企業向け)・寄稿等のお仕事の依頼もお待ちしております。 Twitter・Facebook・Instagramのフォローもどうぞよろしくお願いします。

リハウルフの公式LINEでは、セミナー情報・訪問リハ情報などを定期的に配信しております。

登録特典も設けてありますので、是非ご登録のほどよろしくお願いします。

友だち追加

こちらの記事もおすすめ!