未分類

訪問リハビリの目標設定で私が気をつけている1つのポイント!

 

リハビリテーションを提供する上での目標設定

この目標設定が今、注目されています。

注目されるようになったきっかけの一つがこの本です

「脳卒中リハビリテーション」 第1巻第4号 (geneーbooks)

私も購入させていただきましたが、とても良かったので是非購入してみてください。

 

購入ページへ

訪問リハビリの目標設定で私が気をつけているポイント

今回は、この訪問リハビリにおける目標設定について、普段私が気をつけていることを説明していきます。

目標設定について何を気をつけている?」と聞かれた時、あなたはどう答えますか?

色々な考えがあると思います。

私も色々な考えがあります。

まず言えることは、生活期は目標設定をしなければいけないということです。

生活期はとても長く、エンドレスといっても過言ではありません。

目標設定をしなければ、ずっとダラダラとリハビリをすることになります。

急性期や回復期はリハビリテーションを行える期間が法律上決められています。

しかし、訪問リハビリや訪問看護からのリハビリは現状提供できる期間が決められていないのです。

逆を返せば、ずっとリハビリを提供できてしまうのです。

経営面のことを考えれば、一番効率よく収入のみを上げる方法は変わらないリハビリメニューをずっと同じ人に提供することが収入増加には有効な方法です。

しかし、訪問リハビリのステージで働く人たちのやりがいはあるのでしょうか?

という疑問が私には生じます。

訪問リハビリで働く理学療法士・作業療法士のやりがい・魅力リハビリコネクトみんなの訪問リハビリのやりがい 私は全国の訪問リハビリのセラピストが集まるオンラインコミュニティ「リハビリコネクト」を...

そして、それは国の方向性に沿うものなのでしょうか?

という疑問が私は考えてしまいます。

この話をし始めると、5時間くらい経ってしまうので(笑)、今回は私が訪問リハビリを行う上で大切にしている目標設定のポイントを紹介していきたいと思います。

詳しく聞きたい人は、私が行うセミナーに来てください。

目標設定の考え方を制度を踏まえた上でお話しすることも多いです。

セミナー&イベント

訪問リハビリの目標設定では、季節が重要!

訪問リハビリの目標設定で大切にしていることは、季節です。

すごい簡単な目標設定ですが、例えば、デイサービスに行けない人に「デイサービスに行けるようになる」という目標があったとします。

デイサービスに行けないから訪問リハビリを依頼する前に読んで欲しい記事デイサービスに行けないから訪問リハビリ 「デイサービスなどの通所系サービスに行けないので訪問リハビリをお願いします。」 こんな依頼を...

まず、対象者がどんな状態であるかを把握して、予後予測ができるかがポイントとなります。

「この方はいつ頃までにどのくらいの回復が見込めるだろう?」と考えた時に、例えば評価の結果、3ヶ月後にはデイサービスに行けるくらいの動作が獲得できるだろうと予測できたとしましょう。

その3ヶ月後の季節をしっかり考えることが大切です。

どんな理由でデイサービスに行けないのか?ということも大切ですが、初めての体験の時は気分良くいってもらうということが大切です。

デイサービスに行けない人を行けるようにする時に、1月、2月といった極寒の中でに初めて連れて行くのは私はオススメをしません。

私は、訪問リハビリにおける目標は全て過程にすぎないと思っています。

そもそも私は訪問リハビリは短期的に関わると効果を発揮するサービスという考えですので、私の立てる訪問リハビリにおける目標は過程となります。

デイサービスに行くために、

  1. ベッドから起き上がれるようになることも
  2. ベッドから玄関まで移動できるようになることも
  3. 玄関の出入りがスムーズに行えるようになることも
  4. 車の後部座席に乗ることができるようになることも
  5. 送迎時間揺られながら座位を保つことも
  6. デイサービスで1日過ごす体力をつけることも

もちろん、デイサービスに行けるようになることも生活期での訪問リハビリの目標は過程の目標に過ぎないと考えています。

なぜデイサービスに行く必要があるのか?

そこにはその理由があるわけで、それを達成させるためには一番最短ルートで考えるべきだと思っています。

そんな時に季節を考えた目標設定をした方が達成しやすい傾向はあります。

季節を味方につけましょう!

春になって暖かくなったらデイサービスに行きましょう!そのために今冬の間は体力作りの季節です。

こんな風に声かけしてリハビリして、季節に合わせてプランを考えていくことも訪問リハビリでは一つのテクニックだと思いますね。

デイサービス以外のことでもそうです。

真冬に外を歩く習慣を獲得することはなかなかしんどいです。

今は寒いので家の中で体力作りをしましょう!そして、春になったら、外を歩く習慣をつけて訪問リハビリを卒業しましょうね!

こんな感じで季節を味方につけて訪問リハビリの目標設定を立てることを私は普段からしています。

初期評価の時に、予後予測をして状況によっては季節と照らし合わせて、目標設定することが重要です。

昨今、興味関心チェックシートなどを用いて、活動や参加に焦点を当てたリハビリテーションが大切とされていますよね!

  • 畑で野菜を作る

という希望があった場合に、その人はこだわりがあると思います。

  • 魚を釣る

という希望があった場合に、その人はこだわりがあると思います。

一応置いておきます。(誰にも見られない記事)

「釣り」とリハビリテーション活動と参加に焦点を当てたリハビリテーションを! という中で様々なリハビリの目標設定をする。 興味関心チェックシートをご存知だろうか?...

「活動や参加」レベルの目標設定については、屋外で行うものもあり、その時は季節がとても重要です。

訪問リハビリでは、季節に合わせた目標設定も一つ参考にしてみてくださいね!

購入ページへ

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県出身・在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 訪問リハビリが好きな人・訪問リハビリについて知りたい人・繋がりたい人・悩んでいる一般の人…ドシドシお問合せ下さい! 相談されると喜んで返信します(笑) まずはお問い合わせから連絡をお願いいたします。 Twitter・Facebookのフォローもどうぞよろしくお願いします。