訪問リハ

指定難病医療費助成制度が訪問リハで適応になるかはどう判断したら良いか?

リハウルフ管理者・リハコネ代表

杉浦良介の著書

リハコネ式! 訪問リハのためのルールブック

購入はこちら

指定難病医療費助成制度は訪問リハビリテーションも対象のサービスです。

しかし、「どのような時に助成の対象になるのか?」という悩みがある人はいませんか?

 

この記事でわかること

・指定難病医療費助成制度の訪問リハビリテーションでの扱い方
・何を判断基準にすれば良いか?

 

指定難病医療費助成制度とは?

指定難病医療費助成制度は、訪問リハビリテーションを提供する事業者であれば必ず覚えておかなければいけない制度です。

 

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

【徹底解説】指定難病医療費助成制度を訪問リハの視点から分かり易く解説

 

どのような時に助成の対象となるのか?

 

対象となるものは以下の通りです。

 

認定を受けた疾病(指定難病の場合は、当該疾病に付随して発症する傷病を含む。)に対する、診療、調剤、居宅における療養上の管理及びその治療に伴う看護等が対象となります。

 

では、訪問リハビリテーションの場合、どのように考えれば良いのか?という疑問が生じますよね?

 

訪問リハビリテーションの場合、「認定を受けた疾病に対する訪問リハビリテーションであるか?」ということが重要です。

 

訪問リハビリテーションの指示の流れを確認しておきましょう。

訪問リハビリテーションの指示の流れは大きく分けて下記の2パターンがあります。

詳しくはこちらの記事を読んでください。

【徹底解説】訪問リハビリテーションの指示書について〜2020〜

 

 

どちらの場合も訪問リハビリテーションの指示を出すのは事業所の医師です。

 

結論から伝えると、事業所の医師が「認定を受けた疾病に対する訪問リハビリテーションである」と言えばOKです。

 

しかし、事業所の医師は別の医療機関の医師から情報提供を受けている場合もあります。

よって、情報提供を受けている場合は、情報提供をしている別の医療機関の医師にも確認をとることをおすすめします。

 

まとめると以下の通りです。

・訪問リハビリテーションの指示を出す事業所の医師が「認定を受けた疾病に対する訪問リハビリテーションである」と考えているのか?

・別の医療機関から情報提供を受けている場合は、情報提供をしている医師が「認定を受けた疾病に対する訪問リハビリテーションである」と考えているのか?

 

全て記録に残すことをおすすめします。

残す記録は以下の通りです。

・事業所の医師の診療録や指示をしている紙面に認定を受けた疾病が記載されているのか?

・別の医療機関から情報提供を受けた場合には、診療情報提供書などに認定を受けた疾病が記載されているのか?

・診療情報提供書を受けた場合、その後「認定を受けた疾病に対する訪問リハビリテーションであるか?」と確認をしている書類があるか?

 

要点のまとめ

要は、計画的な医学的管理を行っている医師と指示を出している医師が「認定を受けた疾病に対する訪問リハビリテーションである」と考えており、かつ、記録に残しておく必要があります。

 

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 セミナー講師・コンサル(個別相談・企業向け)・寄稿等のお仕事の依頼もお待ちしております。 Twitter・Facebook・Instagramのフォローもどうぞよろしくお願いします。

リハウルフの公式LINEでは、セミナー情報・訪問リハ情報などを定期的に配信しております。

登録特典も設けてありますので、是非ご登録のほどよろしくお願いします。

友だち追加

こちらの記事もおすすめ!