未分類

訪問リハビリにオンライン診療を!令和3年介護報酬改定に向けた想い

訪問リハビリテーション事業所における訪問リハビリ指示の問題は色々とあります。

その中でも、外部の医療機関から情報提供を頂き訪問リハビリを行う場合、「令和3年3月31日以降」外部の医療機関の医師が適切な研修の修了等を終えることができない場合はどうしようか?

という悩みを抱えている訪問リハビリ事業所もあるのでは無いでしょうか?

この記事では、令和3年介護報酬改定に向けて、訪問リハビリテーション事業所の「訪問リハ計画診療においてオンライン診療を導入して欲しい!」という想いを綴りたいと思います。

令和3年3月31日以降、訪問リハビリ事業所はどうなる!?

現在の訪問リハビリテーションの介護報酬のまま、令和3年3月31日を迎えてしまったらどうなるのか?

ということを簡単に説明をしていきます。

現行の訪問リハビリテーションのルールは以下の通りです。

1 指定訪問リハビリテーションは、計画的な医学的管理を行っている当該指定訪問リハビリテーション事業所の医師の指示の下で実施するとともに、当該医師の診療の日から3月以内に行われた場合に算定する。

また、例外として、指定訪問リハビリテーション事業所の医師がやむを得ず診療できない場合には、別の医療機関の計画的な医学的管理を行っている医師から情報提供(指定訪問リハビリテーションの必要性や利用者の心身機能や活動等に係るアセスメント情報等)を受け、当該情報提供を踏まえて、当該リハビリテーション計画を作成し、指定訪問リハビリテーションを実施した場合には、情報提供を行った別の医療機関の医師による当該情報提供の基礎となる診療の日から3月以内に行われた場合に算定する。

現行の制度では、令和3年3月31日までに適切な研修の受講を予定しているでクリアです。

このままの令和3年3月31日を迎えてしまうと、外部の医療機関の医師が適切な研修の修了等をしていなければ、外部の医療機関の医師から情報提供を頂くのみで訪問リハビリを行うことができなくなってしまいます。(事業所の医師が訪問リハ計画診療を行っていない場合)

簡単に説明しますと、

情報提供元の外部の医療機関の医師が令和3年3月31日までに適切な修了等を終えていない場合は、現行の訪問リハ計画診療未実施減算での訪問リハビリが不可能になるということです。

【解説】訪問リハ計画診療未実施減算とは?平成30年度介護報酬改定において訪問リハビリテーションの介護サービスで新しい文言が出てきました。 それは、「訪問リハ計画診療未実施減算...

訪問リハビリテーションの医師の適切な研修の修了等とは?可能なのか?

訪問リハビリテーションにおける、医師の適切な研修とは、日本医師会の「日医かかりつけ医機能研修制度」の応用研修の単位を取得した場合は含まれるとされています。

応用研修のすべての単位を取得している必要はなく、事業所の医師に情報提供を行う日が属する月から前36月の間に合計6単位以上(応用研修のうち、「応用研修第1期」の項目である「フレイル予防・高齢者総合的機能評価(CGA)・老年症候群」「栄養管理」「リハビリテーション」「摂食嚥下障害」及び「応用研修第2期」の項目である「かかりつけ医に必要な生活期リハビリテーションの実際」「在宅リハビリテーション症例」「リハビリテーションと栄養管理・摂食嚥下障害」のうち、いずれか1単位以上を含むこと。)を取得。

以上のように言われています。

さて、令和3年3月31日までに、この研修を修了してくれるのでしょうか?

それを強制することは訪問リハビリ事業所のリハビリ専門職には無理です。

そうすると、令和3年3月31日以降は、事業所の医師の訪問リハ計画診療が必要になります。

指定訪問リハビリテーションは、計画的な医学的管理を行っている当該指定訪問リハビリテーション事業所の医師の指示の下で実施するとともに、当該医師の診療の日から3月以内に行われた場合に算定する。

という方法で訪問リハビリを行う必要があるのです。

訪問リハビリにオンライン診療を!令和3年介護報酬改定に向けた想い

現在、訪問リハビリの事業所の医師の訪問リハ計画診療は「オンラインでは不可能」と言われています。

これは厚労省の方に聞いたことです。

「可能になる可能性はあるが、時間はかかると思う」とも仰っておりました。

現在、次回の診療報酬改定に向けてオンライン診療について議論されております。

しかし、現状の訪問リハ計画診療に関しては、直接医師が利用者と会うということが条件となっております。

私の個人的な意見としましては、利用者さんが使いやすいサービスとして、訪問リハ計画診療に関しましても是非、令和3年の介護報酬改定において訪問リハ計画診療のオンライン診療を認めてもらいたいと思っています。

訪問リハビリはそもそも通院が困難な者に行うサービスであるため、病院に来てもらいなどは難しいと思います。

医師も忙しい方が多いため、訪問して訪問リハ計画診療を行うというのもなかなか現実的では無いと思います。

是非、訪問リハビリが使いやすいサービスになるように、オンラインでの訪問リハ計画診療を導入していただきたいと思っています。

訪問看護指示書と訪問リハビリ指示の流れの違い訪問看護と訪問リハビリテーションの指示の流れがイマイチ理解できない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? この記事では、簡単に訪問...
【徹底解説】訪問リハビリの指示書について訪問リハビリテーションは医師の指示の下行うリハビリテーションです。 ちなみに、通所介護(デイサービス)は機能訓練であり、医師の指示は不...
ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 セミナー講師・コンサル(個別相談・企業向け)・寄稿等のお仕事の依頼もお待ちしております。 Twitter・Facebook・Instagramのフォローもどうぞよろしくお願いします。
こちらの記事もおすすめ!