訪問リハ初心者へ!私からのメッセージ

訪問リハ初心者へ!私からのメッセージ

この記事に辿り着いていただきありがとうございます。

 

訪問リハ初心者のあなたへ私からメッセージを送りたいと思います。

 

この記事で分かること

  • 8年間の訪問リハを経験した理学療法士からのメッセージを受け取れる。
  • 少し気持ちが楽になる。
  • 訪問リハの勉強方法が分かる。

 

 

訪問リハの世界へようこそ!

理学療法士の杉浦良介です。

 

私は8年前に訪問看護からの訪問リハの世界に飛びこみました。

そして、5年前に病院からの訪問リハの世界に飛び込みました。(令和2年2月現在)

 

私はあなたの経験してきたことを、通過してきました。

まず、あなたに2つ質問をさせていただきたいと思います。

 

「あなたは今、訪問リハを楽しくできていますか?」

「あなたは今、不安や悩みはありませんか?」

 

個人的な意見としまして、訪問セラピスト自身が楽しく訪問リハを提供しなければ、利用者さんを豊かな生活に導くことが難しいと考えています。

人を幸せにするには、まずは幸せにする側が幸せでなければ、それを実現することは困難な気がします。

まずは、楽しく訪問リハを提供できるようにしましょう!

抱え込まずに…。

 

そして、不安”や“悩み”なく訪問リハを提供していますか?

 

私は8年間の経験の中で、山ほどありました。

もし、あなたが今悩みを抱えていても大丈夫です。

私も悩んできたけど、どうにかなりましたから。(笑)

 

私が悩んだことを少しお話ししたいと思います。

 

ケース①

利用者さんから「前の担当の人の方が良かった。」と言われた。

という辛い経験…。

 

このような経験はありませんか?

私はありました。

なんか、とても複雑な気持ちになりますよね?

 

この事態をあなたの周りの人はどう捉えてくれますか?

 

  • 「新人だから仕方がない」
  • 「新人の対応が悪かった」

として、スルーするのか、

  • 「事業所の体制を変えるべき」
  • 「引継ぎ方法がまずかった」
  • 「前任の担当者の提供内容が不適切だった」

と考えてくれるのか。

 

一つの現象にどのように個人として・事業所として・チームとして考えるのかによって、新人の訪問セラピストの「悩み」や「不安」が消えるのです。

 

悪いことしたつもりがないのに…悪者扱いされて、

・ケアマネジャーからも「〇〇さんは新人だから…」
・上司からも「〇〇さんは新人だから…」
・他事業所からも「〇〇さんは新人だから…」

こんな理不尽なことないですよね?

 

確かに、何かしら反省しなくてはいけないようなこともあったかもしれない。

「でもさ、、」って言いたくなる時もありますよね?

 

でも、「でも、、、」という反抗は何も解決しませんから、心に留めておいてくださいね。

 

ケース②

訪問リハを立ち上げろと言われたけど、立ち上げ方が右も左も分からない。

という悩み…。

 

このような時、どうしますか?

 

最近では、訪問看護ステーションの立ち上げ方などの情報は増えてきました。

しかし、右も左も分からない状態で、何からしたら良いか分からないですよね?

 

私も5年前に訪問リハ事業所を立ち上げた時、右も左もわかりませんでした。

「事業所と事業者の違い」も分からないくらいの状態でした。

インターネットで調べても、昔の記事ばかり出てくるし、それが合っているのかも分からない。

結局、どうしたら良いのかが分からない。

調べているだけで、時間だけが過ぎていく。

 

制度も複雑ですよね。

・「訪問リハは制度が大事!」
・「制度を勉強しなさい!」

とよく耳にしますよね?

 

でも、「そもそも制度ってなんだよ!!!」って感じじゃないですか?

私はそうでした。

 

なぜ訪問リハブログを立ち上げたのか?

私は、自分自身が分からなかったことや悩んだことをブログに綴りました。

 

その記事が悩んでいる人の役に立てばいいなって思いまして。

 

そんなことをしていたら、2年で300記事以上書いていたのです。

正直、今振り返ると過去の文章は「文章がめちゃくちゃ下手」です。

でも、その時に“感じたこと”はその文章に込められているはずです。

 

「まず訪問セラピストとして何から始めたら良いか?」をお伝えしたいと思います。

私のブログを読んでみてください。

きっと悩んだ時に少しでも気持ちが楽になるはずです。

そして、多少勉強になるはずです。

そして、訪問リハで悩んでいた人がいたのであれば、教えてあげてください。

「リハウルフ」で検索してみて!と…。(よろしくお願いします。)

 

たとえば、「訪問リハの卒業」に関して悩まれている方は、私が2018年4月にこのような記事を書いています。

訪問リハビリの卒業について本気出して考えてみた

私は考えが変わりますので、今はもっと違う考えをしています。

しかし、これはこれで勉強になるのではないか?と思います。

 

 

そして、制度に関して悩まれている方・何から勉強したら良いか分からない方は、とりあえず、この記事を目を通してみてください。

きっと、何かヒントがあるはずです。

訪問リハビリの制度に迷ったらリハウルフを見るべき理由

 

 

そして、それでも悩んで仕方がない場合は、こちらの「悩み相談室」に来てください。

悩み相談室

きっと何か力になれることがあるはずです。

 

 

 

是非、リハウルフを有効に活用していただき、楽しい訪問リハ生活を送ってください。

 

私からセミナー情報、訪問リハの情報などを公式LINEで定期的に配信させていただいております。

是非、お気軽にご登録のほどよろしくお願いいたします。

 

友だち追加