リハビリ

他職種連携と多職種連携の違いとは?

「リハウルフ公式LINE」では、このブログの管理者である杉浦良介からのセミナーやイベント、訪問リハの情報などを定期的に配信させていただいております。
是非、お気軽に登録のほどよろしくお願いいたします。

友だち追加

他職種連携多職種連携違いって何?

医療の現場で働いており、そんな悩みがある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

最近では、病院内の連携ももちろん、在宅における連携でも他(多)職種は多くのところで取り上げられています。

そんな悩みのある方のために、他職種連携と多職種連携の違いについて説明をしていきます。

しっかりと他職種連携・多職種連携の違いを理解しましょう!

この記事でわかること

  • 他職種とは何か?
  • 多職種とは何か?
  • 他職種連携と多職種連携の違いとは何か?

他職種連携と多職種連携の違いとは?

他職種連携と多職種連携の違いを説明していきます。

例を挙げて説明した方が分かり易いと思いますので、例を挙げて説明をしていきますね!

他職種とは?

「他」とは他(ほか)の職種という意味を表します。

例えば、私は理学療法士です。

理学療法士にとって、他職種とは、看護師や管理栄養士、作業療法士、言語聴覚士、医師、介護士などを指します。

イメージした図は下記のようになります。

理学療法士という職種にとっては、他の職種は全て「他」の職種になります。

理学療法士にとっては、医師も「他」の職種であり、看護師も「他」の職種ですよね?

多職種とは?

多職種とは、多くの職種という意味です。

色々な職種の集合体と捉えると分かりやすいですね!

3職種でも多職種、4職種でも多職種と言えるでしょう!

例えば、医師と理学療法士、作業療法士、看護師、管理栄養士が集まれば、「多職種」と言えると思います。

イメージは下記の図を参考にしてください。

たくさんの職種の集まりが「多職種」と表されます。

他職種連携とは?

他職種と多職種を理解したところで、「他職種連携」について説明をしていきます。

他職種連携とは、他職種と連携をするという意味です。

他の職種と連携している全てが他職種連携です。

例えば、理学療法士と医師が連携をすれば、他職種連携となりますし、理学療法士と看護師が連携をしていれば、それも他職種連携となります。

多職種連携とは?

では、続いて、多職種連携について説明をしていきますね!

多職種連携とは多くの職種が連携をするという意味です。

1人の利用者さんに対して多くの職種の方が連携をするという意味となります。

では、もう少し具体的に説明をしていきましょう。

例)

「多職種連携で利用者さんの在宅を支える」場合はこんなイメージをされると良いと思います。

理学療法士や医師、管理栄養士、看護師、作業療法士、言語聴覚士など多くの職種が連携をして1人の利用者さんの生活を支えるといったようなイメージです。

図に表すと下記のようになります。

他の図の書き方ですと、このような感じです。

多くの職種が手を取り合って、1人の利用者さんの生活を支援するといったイメージが分かりやすと思います。

イメージがつきましたでしょうか?

多くの他職種と連携する場合は、他(多)職種連携多(他)職種連携と表記をする場合もあります。

正しく理解した上でしっかりと多くの他職種と連携ができると良いですね!

多職種連携のオススメの本

多職種連携について私がオススメの本をいくつか紹介させていただきます。

是非、参考にしていただき、多職種連携について理解を深めて、日頃の利用者さんや患者さんとの関わりにいかしていただければ幸いです。

 

ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 セミナー講師・コンサル(個別相談・企業向け)・寄稿等のお仕事の依頼もお待ちしております。 Twitter・Facebook・Instagramのフォローもどうぞよろしくお願いします。
こちらの記事もおすすめ!