リハビリ

『理学療法士を辞めたい』そんなあなたへの私からのメッセージ!

理学療法士を辞めたい」そんな経験が私にもあります。

今あなたは理学療法士を辞めたいですか?

その理由はなんでしょうか?

 

この記事で分かる内容

・理学療法士を辞めたいと思う理由

・私が理学療法士を辞めたいと思った理由

・私が理学療法士を続けられた理由

私は何度も理学療法士を辞めたいと思いました。

しかし、今はやりがいしか感じていません。

とても素晴らしい仕事だと思っています。

もし今あなたが「理学療法士を辞めたい」と思っているのであれば、その理由はなんでしょう?

私と重なる部分があるのであれば、私は「理学療法を辞めるな!」と声をかけたいです。

理学療法士を辞めたいと思う理由

理学療法士を辞めたいと思う理由は人それぞれだと思います。

一般的に理学療法士を辞めたいと思う理由は以下のようなものがあります。

  • 給料が少ない
  • 昇給が少ない
  • 上司が嫌い
  • 同僚が嫌い
  • 仕事内容が嫌い多い
  • なかなか帰れない
  • 残業代が出ない
  • 休みが取りにくい
  • 年を取っても続けられるかが不安

理学療法士を辞めたいと思う理由が以上のような理由であれば、辞めるという選択をなくせることができると思います。

これらの悩みは

  1. 労働環境の悩み
  2. 人間関係の悩み

です。

この悩みのために理学療法士という素晴らしい仕事を辞めたいのであれば勿体無いと思います。

理学療法士は人の役に立つとても素晴らしい仕事です。

もし、先ほど述べたような理由で理学療法士を辞めたいと思うのであれば、続きを読み進めて欲しいと思います。

きっと理学療法士を辞めなくても良い道が開かれるはずです。

私が理学療法士を辞めたいと思った理由

ここでは私が理学療法士を辞めたいと思った理由を紹介していきます。

少しでもあなたに重なる点があれば、明るい未来が広がっていると思います。

私は今、理学療法士という仕事が大好きだからです。

そして、一度は辞めたいと思ったこの理学療法士の仕事を辞めたいとは思わないからです。

1年目で理学療法士を辞めたいと思った理由

理学療法士1年目で私が理学療法士を辞めたいと思った理由は以下の通りです。

  • 残業しても残業代が出ない
  • 業務内容がつまらない
  • 休憩が少ない
  • 勉強の仕方がわからない

一つ一つ説明をしていきます。

残業しても残業代が出ない

まず、私が働いていたところは、残業をしても残業代が出ませんでした。早く仕事を終わらせても他人の業務をカバーして全員が終わるまで仕事をするという環境でした。そして、残って仕事をしても残業代は出ません。どれだけ早いスピードで仕事をしても残業代が出ない。それにイライラしていました。確かに1年目の理学療法士であったため、今思えばそんなにスピードには自信がありませんでしたが、頑張っていたつもりです。頑張っても同じ給料というところに私は不満だったのかもしれません。

業務内容がつまらない

私は1年目は通所リハビリで働いていました。私の働いていた通所リハビリは、送迎業務を1日朝夕と1時間ずつ行ったり、習字の時間をやったり、イベントには劇や演し物をやったりしました。時には食事の準備や食事介助もやっていました。通所リハビリはリハビリの時間が少なく、リハビリ以外の業務が多かったです。確かに生活リハビリであるため、機能訓練(リハビリ)以外の時間も大切なのは理解できます。しかし、この頃の私は機能訓練リハビリがやりたかったのだと思います。

休憩が少ない

不満の一つに休憩が少ないことがありました。他の部署と比べてしまい、「なんで自分の部署は休憩が少ないのだろう?」と考えてイライラしたことがありました。通所リハビリでは常に利用者さんがいるため、介護士さんは休憩も交代で入りますし、リハビリの人より介護士さんの方が休憩が少ないです。そんな介護士さんの前で「休憩が少ない」とも言えないことも自分にとってはイライラでした。病棟のリハビリは休憩を時間通りに取れているのに、なんで自分の働く場所は…。と考えて悩んだこともありました。

勉強の仕方がわからない

私が初めに働いた環境は3人の上司が作業療法士でした。理学療法士である私が勉強を教わろうとしても多少視点が異なるため、ギャップを感じていました。どうやって勉強をしたら良いのかわからない。そして、何から勉強をしたら良いのかわからない。そんな日々が続いていたので、勉強を徐々にしないようになりました。自然と私の中で理学療法士としての楽しさも消えていった気がします。

2年目で理学療法士を辞めたいと思った理由

2年目で私が理学療法士を辞めたいと思った理由は以下の通りです。

  • 昇給が少なくて将来が不安
  • 住民税が引かれて手取りが少ない
  • 業務がマンネリ化つまらない

一つ一つ説明していきます。

昇給が少なくて将来が不安

理学療法士2年目になると、初めての昇給が訪れます。私の初めての2,000円でした。これをどう捉えるかは各々異なると思います。2,000円の昇給ですと、単純計算で40年働いても8万円の昇給です。上司に昇給率を聞いても同じような感じがしました。理学療法士は給料が高いと勝手に思っていた自分にとっては一度考えた時に、将来が不安になりました。理学療法士の平均年収は400万円程度でサラリーマンの平均年収とあまり変わりません。しかし、生涯の収入では理学療法士は一般企業より少ないです。

住民税が引かれて手取りが少ない

理学療法士2年目になると、1年目では引かれなかった住民税も引かれるようになりました。2年目の住民税は確か月々8,000円程度だったため、昇給額を考えても手取りはマイナスになりました。1年目では手取りが20万円ありましたが、2年目になると手取りは20万円を下回るようになりました。これから住民税や社会保険などもさらに引かれるとなると将来が不安になりました。

業務がマンネリ化つまらない

同じ業務を1年間やり、2年目になると業務がマンネリ化してきました。ただ作業をこなす日々につまらないという感覚になりました。この頃勉強も全然しなかったので、リハビリにおける変化などにも楽しさを感じていなかった記憶があります。ただただ散歩をして、一緒に筋トレをしてあまりやりがいを感じていませんでした。

私が理学療法士を続けようと思った理由

私は2年目が終わる頃、理学療法士を辞めようと思っていました。

そんな時、訪問リハビリの話がありました。

初めは、「運転して外に行ってリハビリをする」

かっこよくない?

これが「訪問リハビリをやりたい」と思った理由です。

私にとってこの「訪問リハビリ」は理学療法士の人生におけるターニングポイントだと思います。

私が今、理学療法士を辞めずに続けている理由は、訪問リハビリという業務が楽しいからです。

私が訪問リハビリに向いていた理由

私が訪問リハビリに向いていた理由は以下の通りです。

  • リハビリだけに集中できる
  • 一人での運転時間が息抜きできる
  • 自分のサービスで結果が出る
  • 自分で業務を管理できる

一つ一つ説明していきます。

リハビリだけに集中できる

訪問リハビリは、基本的にリハビリの業務だけです。確かに書類関係や事務仕事もありますが、リハビリの時間が多く取れます。私が理学療法士として1,2年目にやっていた通所リハビリと比べたらリハビリの時間が圧倒的に増えて、それだけで楽しさを感じるようになりました。

一人での運転時間が息抜きできる

訪問リハビリは基本的には一人の時間が多いです。私はこの一人の時間がとても好きです。大勢が嫌いという訳ではありませんが、訪問リハビリと訪問リハビリの間の一人の時間に利用者さんのことを考えたり、業務内容を整理したりする時間に使えます。さらに車で流れるラジオなどもとてもリラックスできます。

自分のサービスで結果が出る

訪問リハビリは生活期というステージです。病気が発症してある程度時間が経過している時期ですので、病気の回復による大きな変化がありません。しかし、私はこの生活期で色々な変化を自分の手で作っていることを実感しています。普段変化がないからこそ、自分が関わることで何かしらの「きっかけ」を与えて生活が変化する。これが訪問リハビリの大好きなところです。

自分で業務を管理できる

訪問リハビリの業務はタイムマネジメント能力が必要です。ある程度自分でスケジュールを管理できるのも訪問リハビリの好きなところです。私はそのあと管理者の立場になりましたの、自分の事業所を「休みやすく」「働きやすく」「やりたいリハビリを行いやすく」できたので、それも良かったことだと思います。

理学療法士を辞める前に考えて欲しいこと

私は現在9年目の理学療法士です。

訪問リハビリは7年間やっています。

今は本当に素晴らしい仕事だと思っています。

理学療法士は「人の笑顔をつくることのできる仕事」です。

もし今、「理学療法士を辞めたい」とあなたが考えており、その理由がこれらの「働く環境」や「人間関係」であるのであれば、理学療法士を辞めないで欲しいです。

  • 給料が少ない
  • 昇給が少ない
  • 上司が嫌い
  • 同僚が嫌い
  • 仕事内容が嫌い多い
  • なかなか帰れない
  • 残業代が出ない
  • 休みが取りにくい
  • 年を取っても続けられるかが不安

これらの理由で「理学療法士を辞めたい」と考えているのであれば、私は訪問リハビリへの転職をオススメします。

訪問リハビリにすればこのようなメリットがあります。

  • 稼ぐことができる
  • 自分で時間を管理ができる
  • 早く仕事をすれば早く帰れる
  • お金を稼いで好きなことができる
  • 人間関係をあまり気にしなくて済む

そこで、おすすめの登録無料の転職サイトを紹介します。

今理学療法士を辞めたいのであれば、まずは無料登録してみて新しい働き先を考えるのはいかがでしょうか?

おすすめの無料転職サイト

第一位

一番おすすめは、マイナビコメディカルです。

対象地域が以下の地域です。

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫

この地域の人は、まずはマイナビコメディカル無料登録をしましょう。

第二位

次におすすめなのがメドフィットです。

対象地域は全国です。

 

この記事を読んでいただき、訪問リハビリへの転職に興味を持った人はこちらの記事も読んでみてくれれば嬉しいです。

訪問リハビリは稼げるのか?稼ぎたい人は見てください。訪問リハビリに転職したいけど、訪問リハビリって稼げるの? って疑問ではないでしょうか? 私は訪問看護ステーションで勤務して、現在、訪...
病院で数年働き、給料UPのため訪問リハビリへ転職希望する理学療法士へ!急性期や回復期で3年ほど働いた後に、訪問リハビリへ転職を考えている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は多いのではないでしょうか? きっ...
【超絶おすすめ】理学療法士・作業療法士の転職サイトランキング3選理学療法士として今の職場に悩みはありませんか? この記事の内容 ・おすすめの理学療法士の転職サイトがわかる ・無料登録の転職サ...
ABOUT ME
杉浦 良介
静岡県磐田市在住の理学療法士(PT)です。 訪問リハビリの分野が大好きです。 人と人を繋ぐ理学療法士を目指しています。 セミナー講師・コンサル(個別相談・企業向け)・寄稿等のお仕事の依頼もお待ちしております。 Twitter・Facebook・Instagramのフォローもどうぞよろしくお願いします。
こちらの記事もおすすめ!